2020年東京五輪の追加種目に決まった空手の形で男子の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)と女子の清水希容(ミキハウス)が金メダルを獲得した。ともに決勝でスペイン選手と当たり、喜友名は5-0、清水は4-1で下した。

組手女子50キロ級の宮原美穂(帝京大)は決勝でフランス選手に敗れて銀メダルだった。

◆喜友名諒の話 4年前の前回大会は3位で悔しい結果だったので、初優勝できてうれしい。世界王者の誇りを持って、自分らしさを見せることができた。