沖縄三線.com

沖縄のことあれこれ。

【インドネシア】文化祭でエイサー演舞 県人会・新垣さん、地元高校生ら指導

2017-02-13 18:48:55 | ニュース

インドネシアの学生らとエイサーを披露した新垣杏奈さん

(前例右から4人目)=1月21日、インドネシアのタンゲラン地区

*******************************************

インドネシアのタンゲラン地区の高等専門学校(SMK)で1月21日、文化祭が開催された。文化祭のさまざまなプログラムの中で、インドネシアの沖縄県人会「しまーず」のメンバーの新垣杏奈さん(25)=中城村出身=がインドネシアの高校生とエイサー演舞を披露。会場は感動の拍手で包まれた。

新垣さんは2016年8月から17年3月末までの任期で、国際交流基金の日本語教員として、地元の高校で日本語や文化を教えている。授業では沖縄の文化や伝統芸能の紹介も取り入れており、今回のエイサー演舞につなげた。

演舞曲は宮沢和史さん作詞作曲の「シンカヌチャー」。新垣さんは「種を蒔(ま)いたら いつか芽が出て 枝を伸ばして 森が生まれる 実り多かれ 島に幸あれ そこがどこでも そこはウチナー」という歌詞がインドネシアの県人会を表現しているように感じ、この曲を選んだという。

沖縄やエイサーを全く知らない地元の高校生たちに新垣さんがエイサーを教え始めたのは3カ月前。立ち上げたエイサーチーム「チャンプルーエイサー」には、タンゲラン地区の四つの高校の生徒15人と日本語教員6人が在籍する。

インドネシアには「チャンプル」という言葉があり、沖縄のチャンプルーと意味も発音もほぼ同じだ。インドネシア人と日本人の混成チームでエイサーを踊るため「チャンプルーエイサー」と名付けた。

新垣さんは「指導は言葉の壁があって大変だった。歌の意味、フェーシ(囃子(はやし))の意味を伝えるのに苦労した」と振り返る。だが、インドネシアの学生らは音感が良く「すぐに覚えてくれて、教えるのもすごく楽しかった」と笑顔を見せた。

演舞終了後、エイサーを見ていた学生らが新垣さんに声を掛けてきたという。新垣さんは「学生が沖縄に興味を持ってくれたのがとてもうれしい」と話した。/(宮城亜希子通信員)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音楽を心から愛する 沖縄市... | トップ | 壺屋・東ヌ窯 復活へ 保存... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。