沖縄三線.com

沖縄のことあれこれ。

沖縄のリゾ婚、過去最多に 17年上期6933組、国内・海外とも増加

2017-11-12 15:46:51 | ニュース

沖縄県文化観光スポーツ部は9日、2017年上半期(1~6月)の県内リゾートウエディングの実施組数を発表した。

前年同期比5・8%(380組)増の6933組で過去最高となった。

内訳は国内が6・5%(366組)増の5999組、海外が1・5%(14組)増の934組。実施組数は12年以降、最高を更新している。

スタイル別ではチャペルでの挙式が全体の70%を占め、フォトウエディングが27%と続いた。香港(523組)、台湾(296組)が海外の88%を占めている。

現地の法律に基づき結婚するリーガルウエディングも増加傾向にあり、17年上半期だけで10市町村で158件の届け出があった。

県などは台湾でリゾートウエディングに特化して商談会を開催しており、トップシーズンの10、11月も「前年並みかそれ以上の実施組数が見込まれる」(県担当者)と予想し、17年の目標を前年比601組増の1万6千組としている。

調査は県内関係企業63社を対象に実施し、回答があった36社の数値を集計した。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄芸能団、中国で絆深める 福建省との友好締結20周年記念公演

2017-11-12 15:37:38 | ニュース

子孫繁栄の祈念のため創作された「世栄太鼓」を踊る沖縄の芸能団=11日、中国・福建省の福建大劇院(県提供)

 

沖縄県と中国福建省は11日夕、友好県省締結20周年を記念して、中国同省福州市の福建大劇院で合同記念公演を開催した。沖縄からは県立芸術大学生を中心とする芸能団14人が古典舞踊や中国音楽を使った創作舞踊を演じ、奥深い沖縄の芸能文化を披露した。

福建省からは集団演舞や男女の独唱など、ダイナミックかつ華やかな芸能を紹介した。沖縄と福建省は芸能を通し、互いの理解を深め、絆を強めた。

公演に先立ち、翁長雄志知事は「沖縄独自の文化を堪能してほしい」と福建の人に呼び掛けた。

中国との交流が描かれた絵巻を基に作られた子孫繁栄の祈念のため創作された「世栄太鼓」を踊る沖縄の芸能団=11日、中国・福建省の福建大劇院(県提供)では、観客から中国音楽に合わせて手拍子を取るなど好評を博した。

福建師範大学生が公演に向け練習してきたエイサーも披露された。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加