沖縄三線.com

沖縄のことあれこれ。

琉球国王と王妃、華やかに古式行列 首里城祭

2017-11-05 05:18:23 | ニュース

国家安寧や五穀豊穣(ほうじょう)を願うため出発する琉球国王と王妃=3日午後、那覇市首里の首里城公園

 

首里城祭(主催・同実行委員会、共催・琉球新報社、首里振興会)は初日の3日午後、那覇市の首里城公園と公園周辺で琉球王朝祭り首里「古式行列」が行われた。

古式行列は、琉球国王が国家安寧と五穀豊穣(ほうじょう)を祈願するために、首里城下にある3カ所の寺を参詣する「三ケ寺参詣行幸(さんかじさんちーすねーい)」の行列を再現したもの。

華麗な琉装に身を包んだ国王と王妃をはじめ、摂政、三司官ら238人が首里城御庭(うなー)から守礼門、龍潭(りゅうたん)通りを練り歩いた。

首里城公園 琉球王朝祭り首里 古式行列

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

荘厳な雰囲気の中、冊封儀式再現 首里城祭

2017-11-05 04:46:55 | ニュース

中国皇帝が琉球国王を任命する儀式「冊封儀式」が4日午前、那覇市の首里城正殿の御庭(うなー)で執り行われた。3日から始まった首里城祭(同実行委員会主催、首里振興会、琉球新報社共催)の関連行事。琉球音楽や中国音楽が奏でられる中、琉球王国最大の行事が再現された。

第二尚氏15代王・尚温が即位した1800年の冊封儀式を再現したもの。冊封使らが守礼門をくぐって御庭に向かう「冊封使行列」に続き、儀式で冊封使が詔書(しょうしょ)や勅書(ちょくしょ)を中国語で読み上げ、絹織物などの拝受などが荘厳な雰囲気の中、重々しく行われた。

5日は午後0時半から、那覇市国際通りで琉球王朝絵巻行列が行われる。【琉球新報電子版】

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加