沖縄のたたかいと連帯する東京南部の会

辺野古新基地・高江ヘリパット建設反対。東京南部の地で、尊厳をかけて島ぐるみでたたかっている沖縄の人々と連帯していきます。

奇跡的に残ったフクギの木々(普天間で)

2017-06-02 09:17:15 | 日記

 あの沖縄戦の戦火をくぐって奇跡的に残ったフクギの木があるから・・・と連れられて見にいった。
 
 普天間の喜友名にある旧家。「イリーグア メーヌ シーサー」の市指定の史跡の古いシーサーが門の上に鎮座していた。
 その門を入ると・・・びっくり!まるでフクギの林がそこにあるように深い森のようなたたずまい。外からは決してうかがい知れないフクギの大木が並んでいた。
 そして、そのフクギにコーモリがすんでいたという。代々、コウモリはフクギを根城に子孫をつないできたと思われる。しかし、普天間飛行場にオスプレイが強行配備されてから、いなくなった・・・・・という。オスプレイが飛んでコーモリがいなくなった。

 オスプレイが飛び交い、コーモリはいなくなった。あかちゃんや子どもや、病人や年寄りや、ウチナンチュはどうすればいい?

 そのオスプレイ、アメリカではコウモリや住宅の上では飛ばないそうだ。禁止されているそうだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水曜行動で、大勢が結集~ダ... | トップ | 「砂川事件裁判再審開始を!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事