沖縄のたたかいと連帯する東京南部の会

辺野古新基地・高江ヘリパット建設反対。東京南部の地で、尊厳をかけて島ぐるみでたたかっている沖縄の人々と連帯していきます。

「戦争法廃止・総がかり行動」に参加しました

2016-11-20 08:56:44 | 日記

 冷たい雨が朝から降っていたが、ちょうど集会が始まるころにはやんでくれた。
 2時ちょうど、元気な声のシュプレヒコールで集会開始。
 野党4党それぞれのあいさつのあと、主催者挨拶。「南スーダンへの自衛隊の派遣がはじまる。現場は戦闘行為が続いており、極めて危険である。憲法違反の自衛隊派遣、なんとしても戦争法廃止へむけて市民と野党が共闘して来年の衆議院選挙に勝利して、安倍政権の退陣を実現していこう!」と訴えた。
 そのあと、元シールズの元山さん、南部の会の会員でもある青木さんが沖縄高江の状況、「土人」「シナ人」発言の問題、最高裁へお取り組みなど、沖縄への支援を訴えた。
 その後、平和のための退役軍人の会やTPP,南スーダン、反原発、学者の会、日弁連など次次とそれぞれの課題を訴えた。
 特に平和のための退役軍人の会は高江の座り込みにも参加し、弾圧に対する抗議声明なども出して沖縄の戦いと連帯している。どうか、すばらし憲法9条を守ってほしいと訴えた。
 最後に「南スーダンへの自衛隊派遣反対」「駆けつけ警護反対」「戦争法廃止」「高江のヘリパッド反対」「辺野古の新基地建設反対」「改憲するな」「TPP反対」などシュプレヒコールをして集会は終了。
 ちょっと小雨がぱらつく寒い日だったが、3800人の参加でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「沖縄・新基地建設強行を止... | トップ | 最高裁前のキャンドルアクシ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL