日々是好日

沖縄片想い日記が画像が一杯になりそうなで、引っ越し検討中
今は同じこと書いてます。

毎日を悔いなく

ボート無料試乗会

2017年06月13日 | 海遊び
尾道(向島)のヤマハマリンクラブで無料試乗会に参加。
最近、2級船舶の免許を取った友人のお誘いで、中学の仲間と4人で参加した。

全員、2級船舶の免許は持っているので、簡単に操舵の方法をレクチャーされて、交代でハンドル握る。
今のレジャー船は、より自動車の運転に近くなってるようだ。
ハンドルと、前進後進のレバー、水深計と、魚探、エンジン回転数など。

尾道水道から因島大橋の下まで試乗した。

無料試乗会なので、無料。
久しぶりに気持ちの良い海の上だった。

終わった後、例によってマリンクラブへのお誘い。
入会金が21600円、1ヶ月の会費が3240円。
船を借りる時は、借り賃が 20フィート位の小型の船が6時間で12300円からハイシーズンにかけては18500円。
あとは燃料代だ。
聞いてみると、全速力で走ると、30分20リットルも使うらしい。
油代は、200円/L 持ち込みはダメ
だらだら走って、海の駅に上陸して島の散歩したり、船上で釣りして半日遊んで8000円位はかかりそうだ。

一人ではしんどいが、乗る時は4人で割り勘して、マリンクラブへは一人が入り、他の3人はゲスト扱いにすれば安くできる。
6人乗りなので、誰でも無条件に誘う。
割り勘割り勘。

誰が入会するかそれが問題だ。
おみゃーが入会せーと、誰も自分が 入会するとは言わない。

という居酒屋での反省会兼飲み会。

全国の中でも広島県が一番海の駅が多いそうだ。
島から島へと海の駅に船を止めることができる。
恵まれた環境にいるので、海遊びしなくちゃと、みんな目を輝かす。

ボートを買うのは高い。
写真の船(FR20)20feetの船を新品で買えば船体価格だけで370万円。
船外機やレーダー他が、同じ位かかり、700万円近くかかる。
船は買った後が大変で、整備や維持費がかかる。
陸置きすれば、1フィートあたり1万円、20フィートなら年間20万円だ。
陸置きした場合は、ボートの上げ下ろしはクレーン1回9000円。
不法係留すれば無料。
ちなみに、不法係留が多いのも広島県がトップ。
特に尾道水道は不法係留の宝庫だ。
それも、瀬戸内の風物にもなって、いい雰囲気で気にならないのだけど。

色々調べた結果、オーナーで船を持つということは宝くじ当てないと不可能だ。
クラブに入会すれば、ヤマハマリンクラブのある沖縄の港でも船を借りて乗ることができる。
できるけど、沖縄の海は瀬戸内海と違って、外海に出れば波は荒れ、下手をすれば太平洋一人ぼっちになる。
でも、夢は膨らむいっぽう。









『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 高腰城跡 | トップ | 宮古島東海岸 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。