だらだら日記goo編

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

調子回復しつつ

2017-08-09 22:00:11 | 日記
長い不調だった。
やっと調子が回復しつつあり、昨日はとんぼ返りで、箱根のポーラ美術館に行ってきた。
「ピカソとシャガール」、シャガールだからなぁ。
イエスを描くも、当然ユダヤ教徒のシャガールだから、救世主という意識はない。
あくまで、ユダヤ人イエスを描く。
当たり前だが、イエスはユダヤ教徒で、ユダヤ社会を改革しようとしたのだから。
イエスには、新しい宗教を起こそうなどという意識は全くなかった。これは忘れてはいけない。
キリスト教なるものが起こったのは、イエスの墓が空っぽで、イエスは復活したという信仰が現われて、イエスがパウロに顕現し、パウロがせっせと、伝道旅行をして、その教えを地中海に広めたからだ。
イエスは、ナザレの大工の息子だが、福音書には、ベツレヘムで産まれた。とある。
旧約聖書に、救世主はベツレヘムで産まれる、とあるので、そう書かないとまずかった訳で、そもそも、福音書なるものが、マルコ、マタイ、ルカ、ヨハネ、と記述が違うから困る。
それはともかく、体調が戻ってきて、食欲も出てきたけど、聖マリアンナの小野先生に、統合失調症と言われた訳で、これがはっきりしないと、薬も何飲んだらいいか分からず、服役は出来ない。
今は、小野先生から貰った薬はあわないので、前の主治医の薬を飲んで、この次、聖マリアンナに行った時に、小野先生に想像する。
9月1日に脳波検査やって、今後の方針を立てるだろうから、刑の執行はまだまだだ。
ともかく、社会では、あり得ないような事が次々起こる。
例えば、50年に一度の災害とは要は、一生で一度しか経験出来ない出来事ということ。
こういう異常な事態がいつ迄続くか分からないが、そういう経験を今のうちに積みたい。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 珍雑誌紹介中 | トップ |   

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL