だらだら日記goo編

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

遺伝子検査

2017-06-15 22:09:28 | 日記
狭いアパートの部屋で暇だから、退屈しのぎに、遺伝子検査を受けてみた。
母体の数が、まだ、少ないだろうから半信半疑〜。
唾液を採取して送るだけ、で、もう結果が出た!
僕の遺伝子だと、日本人平均より、罹りやすいのは、前立腺ガン、肺がん。
この二つは、日本人平均より、3倍の高さで罹りやすいとか。 歯周病の確率も高い。
で、ちょっと信用した。
なぜなら、父は、肺がんで、死んだから。
当然、親が、何で死んだかなんて、答えていない。
しかし、僕の遺伝子型だと、肺がんになる確率が高い。という。更に、歯周病は、既になっている。
ということは、前立腺ガンになる可能性も高い?
主治医のところで、血液検査したら、糖尿になる可能性もある。しかし、まだ、尿に糖は出ていないと。
で、ビタミンDを取れとか、遺伝子検査では、指示がある。
良く分かるものだ。
あとは、生活習慣病では、高血圧になる可能性は1.01倍、アルツハイマーになる確率は、0.8倍とか。
父も母も、死ぬまで、意識はしっかりしていたから、呆ける可能性は低いとみる。
しかし、主治医の先生には、だいたい、数値的にはいいけど、養生しているのか?とか訊かれたが、何もしていない。
外では食欲が湧かず、一日一食で、夜に食べて寝る。
養生どころじゃないが、これで数値的にはいいというのは、要は、遺伝子型が、病気になりにくい型としかいう他ない。
しかしながら、精神的には病気なので、基本検査には含まれていない、性格検査をしてみようと。
しかし、血液型性格診断なんて、全然信じられないけど、何だ、A,C,G,Tの4つからなる遺伝子型というのは、信頼出来るとはね〜。
冒頭に、狭い部屋に〜〜と書いたけど、今の不安障害は、考えりゃ、狭いアパートに閉じ込められているせいだと分かった。
広さは、人を解放する。
ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脳疲労をどうするか | トップ | 生き方が変わる »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL