だらだら日記goo編

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

相田みつを、という書家

2016-10-29 22:13:54 | 日記
久しぶりに相田みつを美術館に行った。
要は、三菱一号館美術館の 拝啓 ルノアール先生、を観て、あと近くの美術館行きたいが、出光も東京ステーションギャラリーも金取られるなぁ、と思っていたら、うまいことに、国際フォーラムには、相田みつを美術館があり、障害者手帳で無料だ。
美術館が出来て、20年になるという。はじめから、ここにあったのではなく、銀座から移ったのだ。
3時になると、長男の館長のトークがあるという。
はじめは、このトークショーは予定されてなかったそうだ。
なんか、女性セブンに、みつをの特集が載ったとかで、どうも、世間に誤解があるということで説明したいと。
要は、みつを、は、書家を名乗るが、上手いのか、下手なのか、妙な字を書く。そこを説明したいと。
元々、みつをは、17の時、栃木で有名な書家について、23で、全国コンクール一位となり、将来を有望視される書家だったという。
しかし、30くらいで、自分の言葉を紡ぐ世界に入ったという。
当然、それは、伝統との決別を意味する。更に、みつをは、私塾を開かずに、筆一本で生きていく決意をしたという。
筆一本とは、要は、作品が売れなければ終わりだ。
しかし、上手いか下手か、妙な字体で、自分の言葉を綴る作品など、誰も買うものはいない。
しかし、みつをは、材料費は惜しまなかったという。
言葉は出来ても、いやしくも、書家を名乗るなら、推敲に推敲を重ねる。
そのうち、部屋は、失敗作で埋まってしまう。
失敗作が天井高く積み上げられて、その処分は、息子の館長に任されたという。
で、館長はどうしたかというと、紙の山で、風呂焚きをしたという。
要は、それまでして、活字や、伝統体に捉われない文字を追及したから、みつをの書は、味わいがある。と言いたいようだ。
で、売れない長い時代を経て、にんげんだもの、刊行。これで、ちょっと、人様に知られるようになった。という。
女性セブンが、何故急に、相田みつを、の特集をしたのか分からないが、急な館長トークで、終わりには、来年のカレンダーのサイン会を開催。
明日も、館長トークはあるそうです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横浜周辺散策 | トップ | 相手の立場に立つ »

日記」カテゴリの最新記事