俺、隠岐に立つ

2010年横浜から隠岐・海士町へ。
自然に囲まれ季節の移ろいを感じながら大好きな魚のことを考えて暮らす幸せな毎日を綴る

インシュアテック 健康な食生活と信号が1つの島

2017-10-18 06:29:35 | 島暮らし術

今年はインシュアテック元年だそうな。

 

インシュアテックとは、金融×technologyの造語である

フィンテックから類推すると保険×technologyということなんだろうな。

 

詳しくはこのサイトが参考になるので良かったら読んでみてください。

会社設立ドットネット様 インシュテックとは?ページリンク

 

つまり、今までよりも個人に合わせた保険商品ができるようになるということ。

 

期待するのは、健康な食生活を送っている人と、ジャンクな食生活の人では

当然保険会社にとってのリスクは異なるので保険料が変わってくるのではないか。

これは毎年健康診断の結果を見るたびに思うこと。

 

さらには、信号が1つしかなく、譲り合いの精神こそが道路交通法になっている島では

交通事故の可能性が低く、(たまにあるけど・・・)その場合もやはり保険料が低くてしかるべきだということ。

 

都会での生活をやめて自然の豊かな島での暮らしを選んだ自分たちは、

人の顔が見える社会の中で安心しきって暮らしており、ストレスも少ない。

魚を釣ったり野菜を作ったりして消費することを減らして給料に依存しすぎない

暮らしを模索している中で、エネルギーさえも自給自足できるような暮らしを望んでいる。

それでも減らせない出費が保険や教育だった。

田舎に住んでいようが、都会に住んでいようが、保険料は一律で計算されるからだ。

つまり、平均的に収入が少ない地方に暮らす人にとって、保険料を支払うのはより大変だった。

インシュアテックによって、地方に暮らす人でもリスクが少ない

暮らしを営む人は現金収入が少なくて済むようになる。 

 

 

最近読んだキングコングの西野さんの本『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』や

家入一真さんの『なめらかなお金がめぐる社会。あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。』のなかには、

これからの時代は「やりたいことでしか生きていけない時代がくる」というようなことが書かれている。

そして、今までのように一つの会社から給料をもらうのではなく、副業やフリーランス的働き方によって

いくつかの収入源を持つ人が増えてより自分らしい生き方につながると。

これには賛成だが、さらに言うと現金収入を減らしても暮らしの持続可能性や「あるもの探し」に時間を使う

暮らし方をしていきたい人も結構いるんじゃないかと思う。

私たちがそうなのだから。

 

こんなことを考えている海士町8年目の秋でした。


 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ナンヨウカイワリ

2017-09-28 22:23:11 | 魚食

前回に引き続き、またアジの仲間が顔を出してくれました。

こちらはナンヨウカイワリという魚。

カイワリはこちら

ひれの美しい青と、身の黄色い斑点に南洋を感じますね。

半身は刺身で食べたんですが、半身はピカタにしてみました。

もっと衣べっとりのほうがよかったのかな。

美味しいけれど・・・パンチがない。

 

ナンヨウカイワリらしさの出る美味しい食べ方ってなんだろう?

 

この日は2尾水揚げされた。

1尾は自分で食べるために買って、もう1尾は売り場に並べてたら

「見たことない魚だけど、挑戦してみるわ」と女性が買ってくれた。

見たことない魚はそれだけで非日常を演出してくれる。

 

食卓に季節とわくわくを運ぶ魚を食べましょう。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よく見るとメアジ

2017-09-18 21:43:33 | 魚食

先日定置網に仕入れに行くと、漁師さんたちが「この魚なんだ~?」と盛り上がっていた。

「アジとハマチのハーフじゃないか」

パッと見はアジだけど、黄色いラインがヤズ(ブリの幼魚)っぽい青物な感じ。

 

(はは~ん、さてはメアジだな?)

よく見せてもらうとやっぱり目が大きい。

即、「これ仕入れさせてもらってもいいですか?」と聞いてゲット。

1匹しかなかったので、自分で仕入れて自分で買っちゃう作戦です。

家に持ち帰ったところがこのような姿でございます。

 

確かに目が大きいですね。

目に特徴がある魚は他にも、眼張(メバル)や目鯛(メダイ)、金目鯛(キンメダイ)。

さらには海士ではイモカツオと呼ばれるマルソウダは高知では目近(メヂカ)と呼ばれるし、

北海道で目近といえば鮭(サケ)のことである。

 

捌いてみるとマアジよりも血合が大きく鮮やかな赤でこれはマルアジっぽい。

時期的なものか、脂も少ないかな。

ならば、半身はナメロウにしよう。

薬味と味噌と一緒に叩いて叩いて。

見た目はあれだけど、大好きな魚料理の一つ。

 

子供たちはこれを焼いてさんが焼きとする。

 

いつもと違う魚は楽しいな♪

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロトレックのバンド交換(PRW-1300ARJ)

2017-09-03 21:07:27 | 日記・エッセイ・コラム

海士に移住してくる前に購入したCASIOのプロトレック。

 

仕事はもちろん、釣りやカヤックなど海での活動に役立つことを期待して購入した。

コンパスや気圧計、温度計など多彩な機能やソーラー電池内臓で

半永久的に使えるということに魅力を感じたのと、

アドベンチャーレースワールドシリーズとのコラボモデルで

従来のプロトレックにはないデザインの良さが気に入っていた。

7年も海水にもまれてると使用感が漂います・・・

バンドがちぎれる寸前、これは致命的。

 

そこで、初めてバンド交換をしてみんとてするなり。

 

 

限定モデルゆえ、専用の交換用バンドは販売されていないことがわかった。

PRW-1300という一般的なモデルに使用できるバンドを見つけたが、

なんかかっこ悪い。

もったいないけど新しい時計探しちゃおうかな~♪と思いかけたとき、

PRW-1300YJという真っ黒にデザインされたモデル用の交換バンドを発見。

お値段¥3000ちょっと。こちらをポチッと購入した。

時計のバンド交換用工具が必要なのかなーと思い込んでいたけど

どうも必要なのはピンを押す先端の細い工具だけっぽいので

スマホのSIMカード交換に使うピンで代用することにした。

結果・・・

すごく簡単にできた!

ネイビーの本体にブラックのベルトだと変かなーと心配していたけど

違和感なし!

 

ベルト交換で綺麗になったし、愛着もより一層増しました。

 

昔から「一生モノ」という言葉に弱い私。

道具を修理したりしながら大切に使い続けるのって好きだ。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚があると魚がないの違い

2017-09-01 13:04:36 | 魚食

 

8月は「夏涸れ」といって魚が獲れなくなる。

直売所で販売する魚が満足に集まらないので、この日は崎地区の大型定置網に仕入れに来た。

 

残念ながら、「大漁」ではないけれど少しだけでも魚を仕入れることができた。

石鯛、マルアジ、ウマヅラハギ、豆アジ。

直売所に帰ってくると、並べるそばから売れてあっという間に完売。

まだまだ魚が欲しい人を満足させることができない状態で悔しい。

 

 

一方、別の悔しさを感じる時もある。

何とか仕入れてきた魚を決して多くはないけれど販売しているとき、

売場を見て「何にもないね」と言われること。

いや、ちょっとよく見て、魚が並んでますよ。

でも、そのお客様から見たら欲しい魚が無ければ「何にもないね」。

 

魚があるのに、魚が無い。

 

たとえなじみが無くても、市場で評価されなくても、そこには漁師が海からとってきた魚がある。

前にも紹介したマルアジとマンパチ。

海士では小さい線がくっきりしている石鯛をマンパチと呼ぶ。

この魚もあまり人気が無い。

石鯛(マンパチ)、210gで189円。

マルアジ2尾580gで232円。

マンパチはお刺身に。

大きくなれば最高に美味しく、高級魚として喜ばれる石鯛との違いはいかに。

手間はかかるし、季節的なものか磯の香りが少しあるけどやはり美味しい。

脂のないマルアジはオーブン焼きで。

オリーブオイルでコクを足しつつ、今年作った大葉ペーストと醤油で味付け。

 食べようによっては、美味しい魚がある島。

ないものはない。

 

島で和食の料理人を育てるプロジェクト「寺子屋」の佐藤さんが

インタビューでとても素敵なことを言っていた。

 

「島には都会みたいにいろんな食材がいつもそろっているというわけじゃないけど、その日あるもので最高の料理をつくって、

人に『おいしい』と言ってもらうって幸せなことなんだ。これは生徒になる子たちにも経験させてあげたいこと」

 
 

 

こういう風に思える人が増えるといいな。

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加