俺、隠岐に立つ

2010年横浜から隠岐・海士町へ。
自然に囲まれ季節の移ろいを感じながら大好きな魚のことを考えて暮らす幸せな毎日を綴る

モボシの南蛮漬け

2016-05-22 16:47:48 | 魚食

今年もモボシの季節がやってきました。
一発目は定番の背越しで味わったものの、息子向けには刺身にしました。
やっぱり刺身だと魅力が半減しますね。

モボシの美味しさを満喫してもらうために次の晩は南蛮漬けにしました。
これなら骨ごと全部食べられます。
背中側から中骨までに切り込みを入れる下拵えをすることで、2歳児でも食べやすく♪

久しぶりすぎて、うまく更新できるかどうか不安です。
なんでblogの更新するのって面倒に感じてしまうのでしょうか。
fbみたいにポチポチっとできないからかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

普門院「観月庵」(松江)

2016-04-19 21:59:04 | まち歩き

松江の茶室「観月庵」を見せてもらった。

ちょっと前のこと。松江で半日ほど時間が出来たので、一人で散策した。

 

家族で温泉旅館に一泊し、親元に帰る妻と息子たちと松江駅で別れる。

午後の米子発東京行きの飛行機に乗ればよかったので、のんびりと

温泉につかる。

まだ時間が有ったので、気になっていたこちらへ。

 

好きな色味。

こちらも気になった樹。

ご案内いただいたお寺の方に尋ねたところ、「なぎのき」という名前だそう。

調べてみると、wikiの風習という欄には下記のような記述が。

凪の木って漁業的にも非常にありがたい木ですね。

 

以下引用---

熊野神社及び熊野三山系の神社では神木とされ、一般的には雄雌一対が参道に植えられている。

また、その名がに通じるとして特に船乗りに信仰されて葉を災難よけにお守り袋や鏡の裏などに入れる俗習がある。

また葉脈が縦方向のみにあるため、縦方向に引っ張っても容易に切れないことから、葉や実が夫婦円満や縁結びの

お守りとしても使われている。神社の中には代用木としてモチノキが植えている場合もある。


引用終わり---

お庭を見せていただいた後には、こちらの部屋で一服いただきました。

今日はラッキーなことに、一人だけで見せていただいたので

完全にマンツーマンでいろいろとお話を伺うことが出来ました。

非日常的空間で1時間があっという間に経っていました。

 

こういう時間もたまにはいいな。

最近お茶点ててないな。

 

松江で時間に余裕があるとき、おすすめです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いわがきにシェリー

2016-04-19 06:36:17 | 魚食

いわがきにシェリー酒をかけて食べると旨いときいて、やってみた。

ちょっとまえに父親が送って来てくれたやつが有ったのでちょうどよかった。

結論から言うと、最高に相性が良い。これは新定番になりうる。

特に、「生牡蠣はちょっと・・・」という女性向けかもしれない。

こないだ仕事で通販のお客様用パンフレット、「岩がき虎の巻」を作った。

岩がきの剥き方や保存方法を自分なりに解説しておりますよ。

おすすめの食べ方(生限定!)も掲載したのだが、ここに載せればよかったー!

と思えるほど良いです。

ここに書いてあるウイスキーとあわせるのは、牡蠣が好きな人には特におすすめ。

意外なハーモニーに驚くはずですよ。

 

ぜひ、お試しあれ。

 

ちなみに、キンニャモニャセンターの直売所「大漁」に言っていただければ

このパンフレットはゲットできます。

あと1か月くらいの旬の味覚をお楽しみください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カヤックで松島へ

2016-04-17 00:06:30 | シーカヤック

こないだの休みに友人と松島(無人島)へ。

やっぱりカップヌードルカレーはいいね!とか、

炊き火するだけで楽しいよね!とか。

 

豊田港を出て松島を一周。

途中、ちょっと上陸してご飯食べたり釣りしたり。

 

 

自然と近い距離で暮らすのは、楽しいもんだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『国際資源管理認証』(東京大学出版会刊)が発売になりました

2016-04-07 23:36:29 | 漁業

海士町のサザエ漁を対象に海のエコラベル認証(MSC)取得を検討したことがあり、

その経緯について総合地球環境学研究所のシンポジウムで話をさせて

もらった内容が本になりました。

ある日家に帰ると郵便小包が。

なんと、藤澤先生宛になっているじゃぁありませんか!

人生で初めて先生と呼ばれました。

こちらが見本です。

2部いただきましたので、1部は海士町の中央図書館に寄贈したいと思います。

ご興味がありましたらパラパラとめくっていただけると嬉しいです。

私が書いた部分は参考にならないかもしれませんが、他の著者の方々は

漁業のみならず農業・林業など各分野の専門家の方です。

自然資源の持続可能な利用を推進するエコラベルを活用する

国際資源管理認証の仕組みについてさまざまな事例を基に学ぶことができます。

amazon他、お近くの書店さんでご購入もできます。

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 東京大学出版会 (2016/3/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4130603140
  • ISBN-13: 978-4130603140
  • 発売日: 2016/3/17

ご家庭に1冊、いかがですか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加