俺、隠岐に立つ

2010年横浜から隠岐・海士町へ。
自然に囲まれ季節の移ろいを感じながら大好きな魚のことを考えて暮らす幸せな毎日を綴る

7月

2016-08-14 01:21:01 | 魚食

元気ですが、忙しすぎてblogの更新が出来ません。

今年も7月~9月の終わりまで、港の鮮魚直売所「大漁」の店長を務めています。

島が一番活気づくこの時期、毎日があっという間に過ぎていきます。

忘れないように、7月を振り返ってみると・・・

石鯛釣り@知夫からのスタートでした。

人生で初めての石鯛釣り。

先生に手取り足取り教えてもらい、後半は何とか一人で釣りができるように。

残念ながらビギナーズラックはなかったですが、石鯛釣りにハマりました。

それから、息子二人のキャンプデビュー@家の前です。

家族用にテントを新調。

ぐっすり眠れました。

それから、東地区の高石漁港にて海岸清掃&親睦会。

郷土料理が得意な方がその腕前を存分に振るってくださったので、たいそう美味しい会でした。

こちらはベコ。

ウミウシを山椒で和えてあります。

サザエの麹漬け。

ニイナ味噌。

これはかなりレア。なんと、雉の卵を生でペロッといただきました。

鶏と同じような味ですが、少し小さく、でもウズラよりは大きい。

2次会のスナック(昼間)で出会った白スルメ。

今の時期、ここでしか食べられないんじゃないかな。

仕事前、ショアジギングロッドで石鯛狙い。

三日間連続ボウズ。本命らしきあたり1回。

妻が乗る車を新調してみたり。

mazdaのベリーサ。

以前も軽トラを購入した、海士町に縁のある岡山の車屋さんに頼んだら満足のいく車が手に入りました。

保々見地区の21年ぶりのお祭りを見に行きました。

次男は獅子いやいや。

海沿いに素敵な古民家カフェが期間限定でOPEN。

夕方は落ち着いた雰囲気で、正面に満月を望む最高のロケーションでした。

 

ロックバンド「漁港」のオリジナルTシャツを親子おそろいで購入。

ヒラマサのタタキ。

ニイナのマリネ。

北海道は天売島から、今年も最高のウニを送っていただきました。

ビアガーデンにはあすあまメンバーで小鯵のカレー風フライとシマメのマリネを出品。

事前準備の最中に誕生日を迎えたメンバーを祝う様子。

ことしはヤッハズと合同で。

豚バラトマトはラディーチェの白ワインといただきました。

やっぱり、飲みに行くより店を出したほうが楽しい!

そして息子と海で遊ぶなど。

 

 

といったような毎日を過ごし、元気でやっております。

暑中見舞い申し上げます。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

血抜きをした鯵はこんな身の色です

2016-07-16 08:00:00 | 魚食

1月ほど前の話。

鯵のピークを逃してなるものかと漁師さんに

わがままをいって処理をお願いしたナイス鯵をいただく。

いつもありがとうございます、雅竹丸さま。

 

鯵のお刺身が大好きなんです、私。

そして完璧な処理はこの身の色を見ていただければわかるはず。

皮と身の間に脂の層が。

じつは写真を撮る前に1キレ食べてしまったので、醤油に浮かぶ脂もお分かりいただけるかと。

 

うむ、美味しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒラマサの刺身に飽きたら

2016-07-14 23:36:58 | 魚食

今の季節、1kgちょっとのヒラマサが良く出回っています。

漁師さんからおすそ分けでいただいたものですが、いつもお刺身ばかりじゃつまらないと思い

何かほかの食べ方はないかと。

たたきにして、すこしポン酢をかけた新玉ねぎのスライスにのせてカリカリにんにくをふりかける。

ついでに、オリーブオイルとレモンをしぼり、ブラックペッパーをガリガリと。最後にディルをふりかけて完成。

夏に食欲増進のヘルシーメニュー、いかがでしょうか。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刺身定食

2016-07-08 00:44:33 | 魚食

7月の毎週金曜日、菱浦港キンニャモニャセンターの「船渡来流(セントラル)亭」さんで刺身定食スタートします!

島の玄関口で地元で上がった刺身を食べられるようにしたい!そんな思いで、観光協会さんと船渡来流亭さんとタッグを組んで実現しました。

写真は先日の打ち合わせの様子。

試作品として用意されたのは、今の季節の魚たち。

サザエ、飛魚、イサキ、白いか。

旬の魚をご提供いたします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コウイカはこう食べた

2016-07-07 06:31:47 | 魚食

コウイカをもらった。

コウイカは、海士町では存在感が薄いイカだ。

白いか、シマメ、テナシ。

ついで、アオリイカ。

そのずーっと下の方にベニイカ。

その下がコウイカかな。

おめめはこんな感じ。

ゲソは全体的に短く、触腕がわかりにくい。

こいつの特徴は、墨の多さと身の厚さ。

ねっとりとした食感を出して刺身もいいけれど、家庭では炒め物に使いやすい。

にんにく、バター、醤油で炒めてみました。

隠し包丁を入れて、子供にも噛み切りやすく。

大好評でした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加