俺、隠岐に立つ

2010年横浜から隠岐・海士町へ。
自然に囲まれ季節の移ろいを感じながら大好きな魚のことを考えて暮らす幸せな毎日を綴る

HARO BIKES PreWheel Z 10

2016-06-29 06:00:00 | 息子

息子の自転車が届いた。

さっそくヘルメットをかぶってまたがってみる。

よたよたと進むけど、まだ跨って歩いているだけだな。

まずは乗り降りの練習。

倒しちゃった。

場所を近所の小学校に変えて練習。

 

練習あるのみ。

 

まわりに乗りこなしているお兄ちゃんでもいればすぐに上達しそうだけどなー。

 

 

子供はどんどん新しいことにチャレンジする。

毎日何かしら新しいことをしている。

一方、大人は新しいことを恐れる傾向にある。

自分自身も、そうなりたくはないけどそうだ。

 

子供のチャレンジを、邪魔していないか。

新しいことに出会う瞬間を潰していないか。

 

あわよくば、力をもらって一緒にチャレンジするようでありたい。

 

子供の背中から、大人は多くのことを学びます。

ありがとう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海士町産の蜂蜜

2016-06-28 06:00:00 | 島暮らし術

以前漁協に勤められていた方がご夫婦で養蜂を始められた。

今年とれた蜂蜜をさっそくおすそ分けでくださいました。

蜂蜜大好きな息子は鼻を膨らませています。

トーストに塗って食べてみよう。

透き通ってきれいなハチミツ。

垂らしてみるとさらっとしているけれども、しっかり甘い。

 

ヨーグルトにかけて食べたい!

 

豚肉に塗って焼いたりしてもいいですよね。

 

今のところ販売はされていないようですけど、我が家の食卓に島内産食材がまた一つ増えました。 

誰かのチャレンジが、着実に島を豊かにしていく様子がわかるのが嬉しい。

 

ごちそうさまでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

sakana bacca

2016-06-26 05:29:16 | 魚食

sakana baccaという魚屋さんが気になっていたので、出張の合間に覗いてきた。

都内に5店舗展開されていて、土地勘のある武蔵小山のお店へ。

かの有名な武蔵小山商店街「PALM」の一番奥の方。

オシャレな外観。

店先には乾物が。

並んでいるものは特に目を引くものはない。

 

 

店内の写真は獲れなかったけど、刺身用の柵や切身がパックになって並んでる割とフツーの魚屋だった。

店員さんは男性2名、オシャレな魚好き風、おばちゃん2名、昔ながらの魚屋風でフシギな感覚。

丸の魚コーナーには見たことない魚が並んでいました。

あれっ、この魚全然見たことない!と思って焦りました。

まてよ、ひょっとして・・・と思うこともなく、知らない魚。

ややもすると、これ東南アジアの川魚じゃないですか?というルックス。

そのとき、となりのおじさんがおばちゃん店員に「これなんて言う魚?」と聞いた。

おばちゃん、「ちょっと聞いてきます」って知らないんかい!と思いながら、私も知らんし。

男性が言うには、「鹿児島で獲れたソトイワシ」。

そしたらおじさん、「刺身になるの?」

こたえる男性、「刺身になりますよ!」

さらにおばちゃん、「美味しいと思います!イワシの仲間だし」

やっぱりまだまだ知らない魚があるなぁと思いつつ、後日調べてみると・・・

「一般に食用としない」「食用として認知されていない」「知っていたら学者級」でした。

 

しかも、イワシの仲間じゃないし。

またひとつ勉強になりました。食べてみたいなー。

 

手ぶらで帰るのもアレなんで、お土産に気になっていた醤油をゲット。

お刺身食べるのに使ってみよ。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

茱萸

2016-06-25 05:16:07 | 島暮らし術

茱萸の木をいただきました。

これでグミと読むんですね。

昔から海士では子供がおやつとして食べていたそうです。

始めていただきましたが、すごく酸っぱかった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そして、渋い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

こどもは喜んで食べていました。

 

旬の味覚をまた一つ教えていただきました。

おすそ分けくださった方は、いつも美味しい果物をくださいます。

本当にありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鮨 心白(広尾/恵比寿/白金)

2016-06-24 07:00:00 | 魚食

東京出張のついでにかねてより行きたかった鮨 心白さんへ。

熟成した美味しい魚と、日本酒がどっさり出ると評判のお店。

あっ、コースですけど日本酒は頼まないと出てきませんw

日が落ちかけた7:00頃の東京。

車がびゅんびゅん行きかう光景は、どこかでみたことあると思った。

東京で働いていた時代に、飲んだあと最終電車に乗れず、途中の白金高輪駅どまり(本当の最終)に乗って

やむなくタクシーを捕まえようとしていた、あの場所だ!

ここへは結構来てるぞ。

ビルの1階にすっきりとしたエントランス。

 

まずはビールで。

埼玉県小川町でつくられているという、雑穀でつくったビール。

麦芽の他に、小麦、大麦、ヒエ、アワとホップで作っているようです。美味しかった。

お店はカウンター8席。

近くでお料理をしている姿が見れるお店が好き。

新じゃがのすりながしに蛤が入っています。

山形の豆。

長崎のいわがき。四国の柑橘で作ったジュレがかかっています。

自家製の調味料、白ポン酢。

鯒。

シラスと鳴門ワカメ。

神奈川のお酒。

ケンサキイカ(だったかな?)

ウマヅラハギ。

トリガイ。

タコの神経〆動画を見せてくれました。タコは4か所〆ないといかんらしい。

あいつらがぜんぜん締まらない理由がわかった。

2合目。

きびなご。

エイ。

えーっ!

カツオ。

わからんかった、貝。

もうもうと煙を出して鮎を焼いてくれています。

3合目。

 

ウニと湯葉。

雑穀に戻る。

モズク。

4合目。

からの、お鮨が始まります。

5合目。

ふーっ。

だいぶいい気持になってきました。

 

実は、このあと納豆巻きを握ってもらったりしたんだがカメラの電池が切れてしまいました。

宿に帰ってから写真を見返して料理のメモをするのが常なのですが、今回はそれが出来ず。

しかも、blogに書くまで2週間もたってしまったのでいろいろと伺った美味しい食材の

話が全然書けませんw

飲み過ぎ注意ですね。

いろいろ勉強になりました。

 

ごちそうさまでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加