回覧板

ひとり考え続けていることを公開しています。また、文学的な作品もあります。

短歌味体Ⅲ 1366-1368 あっ しまったシリーズ

2016年11月26日 | 短歌味体Ⅲ-2

[短歌味体 Ⅲ] あっ しまったシリーズ

 
 
1365
(あっ しまった)とうすい切り傷
ならばよい
また明日も普通に朝が降りてくる

 
 
1366
やめられないとまらない
通りが
確かにあって免れる者はいない
 


 
1367
始まりはひと滴の
落下から
広く深く染まっていく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短歌味体 Ⅲ 1363-1364 みど... | トップ | 日々いろいろ―侍って、なあに? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌味体Ⅲ-2」カテゴリの最新記事