回覧板

この列島の一住民からの回覧板です。

短歌味体Ⅲ 1924-1925 吉本隆明シリーズ・続

2017年08月13日 | 短歌味体Ⅲ-3

[短歌味体 Ⅲ] 吉本隆明シリーズ・続
 
 
 
1924
例えば三十代と
八十代
同じ言葉なのにコクや深さがちがう
 
 
 
1925
概念に詰まっているイメージの
生命(いのち)の旅程
とある駅で荷下ろしする『言葉からの触手』

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「言葉の現在―桶谷秀昭」(過... | トップ | 短歌味体Ⅲ 1926-1927 あっシ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌味体Ⅲ-3」カテゴリの最新記事