回覧板

この列島の一住民からの回覧板です。

短歌味体Ⅲ 1836-1837 しはシリーズ・続

2017年07月01日 | 短歌味体Ⅲ-3

[短歌味体 Ⅲ] しはシリーズ・続

 


1836
しゅしゅしゅわわ
まぼろしの
きかんしゃが今なお走り続ける

 

1837
知らない言葉も
なんども なんども
出会っていると〈し〉にもなる

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スイカの話 | トップ | 島尾敏雄『琉球文学論』(2017... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌味体Ⅲ-3」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL