回覧板

この列島の一住民からの回覧板です。

短歌味体 Ⅲ 1260-1261 書くときはシリーズ

2016年10月11日 | 短歌味体Ⅲ-2

[短歌味体 Ⅲ] 書くときはシリーズ
 
 
1260
書く時は無心になって
砂場する
子どもの手の 探査もしている


1261
書く時はひとりのたましいの
在所を
思い浮かべて信号している 時がある

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 作品から ― 片山恭一 『なお... | トップ | 短歌味体 Ⅲ 1262-1263 書く... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌味体Ⅲ-2」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL