回覧板

この列島の一住民からの回覧板です。

短歌味体Ⅲ 1797-1798  即興詩シリーズ・続

2017年06月14日 | 短歌味体Ⅲ-3

[短歌味体 Ⅲ]  即興詩シリーズ・続
 
 
 
1797
あわただしい時間と時間の
間には
ひっそりと下ってゆく斜面がある
 
 
 
1798
下った者には遙か上に
あっくせく
あっ苦急く蠢(うごめ)きのぼんやり見える

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短歌味体Ⅲ 1795-1796 即興詩... | トップ | 短歌味体Ⅲ 1799-1801 即興詩... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL