回覧板

この列島の一住民からの回覧板です。

短歌味体 Ⅲ 1236-1238 沈黙シリーズ・続

2016年10月01日 | 短歌味体Ⅲ-2

[短歌味体 Ⅲ] 沈黙シリーズ・続
 
 
1236
沈黙の内にあっても
飛び立たない
言葉たちがにぎやかだ

 
 
1237
沈黙は否定肯定越えて
峠下り
そのままそこに溶けいることがある

 
 
1238
沈黙が人間界を
超えゆけば
木の葉が深々と落ちている

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短歌味体 Ⅲ 1234-1235 沈黙... | トップ | 日々いろいろ―彼岸花はどのよ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL