回覧板

ひとり考え続けていることを公開しています。また、文学的な作品もあります。

短歌味体Ⅲ 1743-1744 ありありとシリーズ・続

2017年05月20日 | 短歌味体Ⅲ-3

[短歌味体 Ⅲ] ありありとシリーズ・続
 
 
 
1743
回転草は乾いた大地を
抜けていく
しっとり緑成す芽生えはあるか
 
註.「回転草」は、西部劇で枯れ草が転がる場面に出て来たもの。乾いた荒涼とした感じがあった。
 
 
 
1744
記憶像ふいと湧き立ち
現在の
イメージの生命線に立つ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知識の現状についての覚書 | トップ | 短歌味体Ⅲ 1745-1746 吉本隆... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌味体Ⅲ-3」カテゴリの最新記事