大学受験をする上での努力

点数の偏差値も伸びないという事は明らかに勉強する方向性が間違っている

教科書の内容を覚えるだけでも意外と偏差値が上がる

2017-08-13 15:39:17 | 日記
教科によっては教科書の内容をちゃんと覚えるだけでも意外と偏差値が上がったりします。

代表的なものが日本史や世界史ですね。上智大学の日本史みたいな極端にマニアックな出題傾向があるのならさすがに対応できませんが(教科書を持ち込んでも解けないでしょう)、普通にセンター試験を受けるのであれば教科書の内容だけでほとんど対応可能です。

 
過去にやった模擬試験を教科書片手にやってみれば、ほぼ満点近く取れるでしょう。

数学や英語の教科書ではこういうわけにはいきませんけど、社会のような暗記科目はまず教科書の内容をしっかりと身につけることが大事なんですね。

偏差値が50前後で全然上がらない受験生は、一生懸命問題集を解いた挙句に解きっぱなしで復習しないという特徴があります。

予習も大事なんですけど確実に点数を上げていくためには授業や模擬試験の復習が書かせません。一回勉強しただけでなんでも覚えられる特殊な脳を持っている人だったら復習なんてしなくても大丈夫ですけど、普通の受験生はそんなことないわけですし・・・。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大学受験をする上での努力 | トップ | 次の記事へ »

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事