ZERO ENGINNRING




重要な部品のヒトツ、カムシャフト周り。

各メーカーから色々なタイプのモノがリリースされておりますが、

 ピストン・ヘッド・バルブ周り・その他・・等などの仕様に合ってないと、

  充実したポテンシャルは発揮出来ずであります。

今回 キックの具合から、過度のモノが取り付けられてる様でしたので

 分解・点検。

  案の定でありました。

外観のカスタマイズ同様に、エンジンもトータルでのバランスです。

 ともあれ 次への作業へ、進みます。






« 日頃の増し締... 全ては、結果... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。