OK元学芸員のこだわりデータファイル

最近の旅行記録とともに、以前訪れた場所の写真などを紹介し、見つけた面白いもの・鉄道・化石などについて記します。

1993年のニュージーランド研究旅行 その19 ワイタキ川

2016年10月16日 | 昔の旅行
1993年のニュージーランド研究旅行 その19 ワイタキ川
Research trip to NZ, 1993: No. 19 Waitaki River

 クロウの町の手前の橋でワイタキ川(Waitaki River)を渡る。カンタベリー平原で一番の大河で、堂々とした流量がある。

19-1 ワイタキ川 上流側を見る。1993.2.6
Waitaki River

19-2 5万分の一地形図「Kurow」図幅のワイタキ川中流部

19-3 5万分の一地形図「Oamaru」図幅のワイタキ川河口部
Map around the Waitaki River

 クロウから60km近く下流の河口まで、上の地図のように河川敷を網の目のように自由に流れている。この地図は、巡検から帰ってからダニーディンのDepartment of Survey & Land Informationという窓口で購入したもの。大都市に政府の出店が置いてあって、基本地図が手に入るようになっている。日本の25,000分の一地形図とちょっと違った雰囲気だが、美しい地図が全国を覆っている。大きな違いは、道路に名称が書き込んであること。もう一つは山岳部に陰影があること。日本での地図に陰影をつけると、北から光がさしているようにつけることになることが、実際と違ってしまうからだろうか。その点南半球では北から陽がさすから地図の陰影と航空・衛星写真と一致して都合がいい。国土基本図が整備されていてかつ美しいのは、スイス・ニュージーランド、それに日本かなと思う。ついでだから、ニュージーランドの最高峰Mt. Cook付近の地形図も示しておこう。

19-4 5万分の一地形図「Mt. Cook」図幅
Map around Mt. Cook

 氷河地形の表現は日本では存在しないから興味深い。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の遺した写真 18 東海道... | トップ | 地形図 その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む