OK元学芸員のこだわりデータファイル

最近の旅行記録とともに、以前訪れた場所の写真などを紹介し、見つけた面白いもの・鉄道・化石などについて記します。

写真の整理 その1 学生時代のアルバム

2017年08月13日 | 今日このごろ
写真の整理 その1 学生時代のアルバム

 懸案だった昔からの写真の整理に手を付けた。目標は、まずは全写真のデジタル化とデータ整理(日付・場所などの特定とリスト作り)であるが、欲を言えば検索システムを作ること。
 写真の種類と枚数は次の通り。概数なので、カウントして変わったらまた記す。
フィルム 約257本 (カウント済み)
   一般写真 201本 5,122枚(カウント済み) すでにデジタル化完了・リストほぼ完成
   標本写真 56本 1,400枚(推定枚数) 未デジタル化
スライド
   旅行・標本写真  3,360枚(カウント済み) デジタル化1,215枚・リスト概略完成
アルバム作成済み
   2,000枚(フィルムのあるものを除く・概数) デジタル化少しだけ
未整理プリント
   1,500枚以上(推定)未デジタル化
デジタル写真
   6,000枚以上(推定)もともとデジタルだが未整理
合計 約20,000枚  デジタル化約12,000枚(約60%)

 ここで、「アルバム」というのは、子供時代と学生時代に作った合計二十数冊のアルバムで、ほぼ時系列で作ってある。すべてプリントを「コーナー」で貼り付けたもの。

1 古いアルバム(学生時代)

 1980年代に住んでいたアパートでは結露が激しくて一部の写真が傷んでしまった。フィルムのあるものは近年インクジェットで印刷したが、それを貼ったら、反対側の写真に色移りがしたので、10枚ぐらいはやり直す必要がある。貼ってから半年ぐらいは間に紙をはさんでおかねば。

2 結露で剥がれた膜面と変色

 子供時代は、親が作ってくれたアルバムであったが、学生時代のアルバムは、統一したものを企画した。コクヨの一番飾りのない貼り付けの(フリーアルバムでない)もので、最初の15冊は商品番号「ア−36」というA4相当、縦はA4だが、横が数センチ幅広のもの。現在はこれにあたるものはカタログにない。15冊を作った後ごろに、発売されなくなったのだろう。そこで。一回り大きい、現在のカタログで「ア-34N」にあたるもので継承した。表紙の色に種類があるが、青で統一している。

3 サイズの異なるアルバム

 ところが、数年前からこのアルバムの背表紙のプラスチック部品がどんどん折れて、使えなくなってきた。接着を試みたが狭い断面のため不可能であった。クリップ(ダブルクリップ)で止めているが、不自由だった。先日小倉のQ文具店に別の用で行った折に店員さんに伺ったら、「当店ではその部品の販売はしていないが、コクヨのサービスセンターで聞かれますか?」とのことだった。さっそく電話してみると、部品の名(「ストッパー」という)がわかり、販売店を通して販売するとのことで、販売店に値段を聞いてくれと言う。Q文具店に電話して聞いてもらったら、「ストッパー1個をお送りすると200円になる。」という。アルバム1冊の値段が930円、背表紙の上下に「ストッパー」が付いているから、とんでもない値段である。「何かの間違いでは?」と調べ直してもらったら、送料があるから1個200円で正しく、40個なら800円とのこと。これを1個買おうという人はいないだろうから、的外れな回答だったわけだ。
 そんなわけで、デジタル化完成に備えて(少なくとも2年ぐらいかかる)新しく現在の製品のアルバム「ア-34N」を10冊購入。10冊では足りないことは目に見えているが。同時にストッパーを40個発注して、先日一緒に届いた。「ストッパー」の単価が20円となっているのには、少し不満がある。これには送料が含まれているのではないか?アルバムと一緒に送られてきたから数百円余分に払ったことになる。なお「ストッパー」の形状が変更されているが、互換性がある。

4 左から新型のストッパー、旧型、同折れたもの、ダブルクリップで留めたもの

 アルバムのように長期間保存するのが前提のものに、劣化するプラスチックが使われていることが問題だと思う。私のアルバムは40年ぐらいで問題が起こった。ちなみに同時期の「フリーアルバム」は、台紙表面の粘着剤が固まって、今めくったら二度とくっつかない。また、「コーナー」のうち、紙+セロファンの旧式のものは、裏の糊が風化して次々と剥がれる。ビニール?製の古いものは今でも付いている。文房具店では「コーナー」は今でも売っていて(ビニール?製)手に入る。紙+セロファンの「コーナー」の糊は黄色く変色してみっともないが、幸いなことに写真に色移りはない。剥がして新しいのに付け替える手間は必要。

 「写真の整理」シリーズは、データ整理の進行に沿って不定期に掲載する予定。
(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1990年の韓国恐竜足跡見学旅... | トップ | 父の遺した写真 51 三角島... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む