OK元学芸員のこだわりデータファイル

最近の旅行記録とともに、以前訪れた場所の写真などを紹介し、見つけた面白いもの・鉄道・化石などについて記します。

父の遺した写真 26 定光寺

2016年12月10日 | 鉄道
父の遺した写真 26 定光寺

 中央本線に沿って見ていこう。

26-1 中央本線定光寺駅から 1959.5.5

 私は名古屋の北部に住んでいたから、定光寺はたびたび訪れた場所だった。大曽根から中央本線に乗ると、定光寺に着く直前に二つの短いトンネルがあって、町から離れたという実感があった。当時は蒸気機関車の牽く客車列車だったから、窓を閉めないとひどいことになった。定光寺駅は玉野川の右岸の傾斜地にへばりつくように位置していて、坂道を降りて橋を渡り、定光寺などの観光地に歩いた。1966年に駅の両側にあったトンネル群が愛岐トンネルなどにまとめられて、古い線路跡は遊歩道などになっている。

26-2 定光寺駅を見上げる 1959.5.5

 橋の方から逆に見たところ。連休の日だから河原で遊ぶ人たちが多い。

26-3 定光寺を通過する貨物列車 1959.5.5

 中央本線のこのあたりが電化されたのは1966年、同じ頃複線化されたので、この写真の時には単線・非電化だった。写真ではよく見えないが、貨物列車を牽引しているのはD51だったはず。上流側を見ていて、多治見方面行きの列車である。
 写真の転載はご遠慮いただきたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1993年のニュージーランド研... | トップ | お世話になります 22 地形... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む