岡山市立市民病院 総合診療グループ(ER+GIM)

岡山市立市民病院の総合診療グループである『総合内科』と『救急総合診療科』の日常の雰囲気を伝えていきます。

岡山市民病院ケースカンファレンス(2016/09/09)

2016-09-19 21:24:04 | 院内カンファレンス
こんばんは。Dr.Waveです。
シルバーウィーク前半が終了しました。後半戦です。

9/9のケースカンファレンスでは、労作時呼吸苦を訴えた中年男性の一例をdiscussionしました。
運動のあとから出現した呼吸苦で、CT画像でびまん性のGGOをわずかに認めました。

感染症、膠原病、腫瘍性、アレルギー性など様々な鑑別診断があがりましたが、決め手は詳細な問診でした。
詳細に行動履歴をとると、運動後に靴に防水スプレーをかけ一服の喫煙をされていました。
防水スプレーにはフッ素が含まれており、これがタバコにの火による熱を受けると毒性のガスに変化します。

患者さんにとって自身で原因として考えにくい行動履歴はopen questionによる現病歴では拾い上げることはできません。
鑑別診断を挙げたうえでclosed questionとして医師が拾い上げるか、時系列として詳細な行動履歴をとるかをしなくてはなりません。
アレルギー性疾患や化学性疾患では特に注意せねばなりません。

S倉先生、プレゼンテーションのほどありがとうございました。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第1回岡山市立市民病院 救急... | トップ | 岡山市民病院CC:救急外来に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

院内カンファレンス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。