岡山市立市民病院 総合診療グループ(ER+GIM)

岡山市立市民病院の総合診療グループである『総合内科』と『救急総合診療科』の日常の雰囲気を伝えていきます。

岡山市民病院ケースカンファレンス(2017/06/16):成人T細胞性リンパ腫

2017-06-22 17:50:43 | 院内カンファレンス
こんにちは。Dr.Waveです。

6/16のケースカンファレンスでは咽頭違和感、自律神経障害、左動眼神経麻痺、右顔面神経麻痺を主訴に来院され、その後成人T細胞性リンパ腫と診断された症例についてdiscussionを行いました。

神経学的診察で異常を認めた際、高位診断を行います。
その高位診断で一元的に説明がつきにくい場合に疑う疾患群があります。
多発性硬化症、血管炎も含めた血管性病変、サルコイドーシスや神経ベーチェットや神経梅毒などの炎症性疾患、代謝性病態、傍腫瘍症候群を含めた腫瘍性疾患などです。

今回は高位診断の基本的考え方をケースをとおして復習しました。
そしてHTLV陽性が判明した患者の診療の進め方も一緒に勉強しました。

K井先生、プレゼンテーションありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『Group Round』 (総合内科グ... | トップ | 『Group Round』 (総合内科グ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。