岡山市立市民病院 総合診療グループ(ER+GIM)

岡山市立市民病院の総合診療グループである『総合内科』と『救急総合診療科』の日常の雰囲気を伝えていきます。

救急メディカルデバイスワークショップ(2017/06/01):骨髄輸液

2017-06-14 14:51:01 | 院内カンファレンス
こんばんは。Dr,Waveです。

6/1の『救急メディカルデバイスワークショップ』は「骨髄輸液」のハンズオンセミナーでした。
模型を利用して、2つの骨髄輸液のデバイスを実習しました。
実際の現場では穿刺部位の同定と穿刺後の確認作業が課題となると予想されます。定期的に確認をしておきたいところです。


『救急メディカルデバイスワークショップ』
隔月第一木曜日17:30-16:30で開催(「救急搬送事例検討会in岡山市立市民病院」と交互に開催)。
院内で利用されるメディカルデバイスをMEさんや医師、製品会社スタッフにより提示し、そのデバイスの原理や使い方、コストを勉強します。
多職種で構成されたレクチャーであり、それぞれの視点から質問や発言がある為、非常に理解が進みます。
















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岡山市民病院ケースカンファ... | トップ | 第116回日本内科学会中国地方... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。