岡山で自給自足の田舎暮らし

山里で自由時間満喫

長らく放置

2016-10-17 | 菜園
玄関先に取り付けているセンサー式の照明器具が、昼間は明かりを感知して点灯しない様になっているのに、明るさ調整が出来なくなり昼間も点灯するようになりました。それと、倉庫前の同じような照明器具は球切れです。不便を感じながらも長らく放置していましたが、少し空模様が怪しいのでその隙に修理することにしました。まずは球切れの方からすることにして、梯子に上って前カバーを外した途端、本体とライト部分がボッキリ折れ、中の電線だけで繋がった状になりました。球を替えるだけが本体の修理をしないといけなくなり気が重くなりました。壊れた個所は本体とライトをネジで固定するところで、ネジ受けがプラスチックの劣化で割れ、ネジが使えなくなっています。元々のネジは短く本体とライトをセットしても固定することが出来ないので、割れた部分にドリルで穴を開け、細いボルトを通してナットで締め付けるようにすると固定することが出来ました。そして球を替え元の位置に取り付けると修理完了です。玄関の方の照明器具は新品に取り換え、調子の悪い方は倉庫の照明にでも使うつもりです。これで長く気になっていたものが解決しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頭の上で | トップ | 諦めかけていたのに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。