新へそ曲がりおじさんの花便り(旧へそ曲がりおじさんの、へそ曲がりなオカヤドカリ飼育法)        

わけあってリニューアルオープンします。オカヤドカリの飼育はやめたので、花便りがメインになります。

チランジアあれこれ

2017-08-10 23:45:28 | パイナップル科



胴切りをしたチランジアは紹介したので、それ以外のものでも。


右の大きな方は、10年以上前に買った「キセログラフィカ」です。

一時期はこれよりもう少し大きくなっていたが、放っておいていたので部分的に腐って消えてしまった。


左側は名前を忘れました。

5年位前に買ったので、調べればわかるかも。


その後ろに「テクトラム」が写っているが・・・・。








これがその「テクトラム」です。

15年位前に買ったもので、一時はかなり長く伸びたが、3年前から調子が悪くなり、今はかなり短くなってしまった。

今のところは枯れそうにないが、チョッと心配です。









大物の「キセログラフィカ」です。

これで横幅は「35センチほど」です。

かなりいい加減な扱いをしているが、それでも元気です。








これは名前を忘れたやつ。

幅は40センチ近くあります。









こちらはコルク樹皮に寄せ集めました。

10種類近くはあるかも。


どれも、冬以外は屋外で雨ざらし。

消えてしまうものも多く、今残っているのは丈夫な種類だけかも。


「ウスネオイデス」など、何度ダメにしたことか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何とか開き始めたが・・・・ | トップ | 「ピーチェス」と「トゥイン... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
(゜▽゜*) (モモママ)
2017-08-11 04:46:50
チランジア……外なんですね(-""-;)
部屋に居ますが育たない(ノ_・,)
枯れそうな子…外に出してあげようかなぁ。
水は霧吹きですか(´・ω・`)?
モモママさん (へそ曲がりおじさん)
2017-08-11 22:03:50
わが家にチランジア。
冬以外は屋外で雨ざらしだよ。
それと、ランなどと一緒に吊るしてあるので、ランと同じに水をやっているから。
池の水をポンプを使って撒いているので、特別肥料もやったことがない。
このやり方ではダメな種類もあるが、それらはもともと気難しいタイプばかりなので、保護してやってもダメになることが多いよ。
ネット上などではいかにも簡単そうなことが書かれているが、意外と難しいんだよね。
Unknown (ジュメ)
2017-08-12 14:51:43
こんにちは~♪
うちではチランジア栽培は難しいです。
あ!私にとっては・・・ですね。

今は頂き物のウスネオイデスだけです。
光・風通し・温度がぽいんとですね~
ジュメさんお久しぶりです (へそ曲がりおじさん)
2017-08-12 22:58:27
チランジア。
巷では簡単なようなことを言う人もいるが、実は、これが意外とそうでもない。
正直、私もかなりの授業料(失敗)を払わされているからね。
ウスネオイデス。
かなり高い空中湿度がないとうまく育たないようで、多くの人が枯らせている。
温室内では結構育つようで、かつてすごく大きく育った株を見たことがあるよ。
ある植物園の大温室の中で、そばには大きな池と滝があった。
入り口からは遠いところで、常に湿度が高い感じだったね。
今我が家にあるのは比較的丈夫な種類ばかりだがね。
アルビダとキセログラフィカは特に丈夫なようだよ。

コメントを投稿

パイナップル科」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。