新へそ曲がりおじさんの花便り(旧へそ曲がりおじさんの、へそ曲がりなオカヤドカリ飼育法)        

わけあってリニューアルオープンします。オカヤドカリの飼育はやめたので、花便りがメインになります。

思わず連れ帰って来てしまったが・・・・

2017-04-21 23:04:15 | カトレアとシンビジウム
昨日はお昼前にボウリングを6ゲーム投げ、その後ある目的があって何時もの園芸センター巡りに行った。

ところが・・・・。

肝心な目的の物は2つとも売り切れていて手に入れることが出来なかった。

なので、最初の園芸センターは手ぶらで後にする。

本当はここで1つ買いたい物があったのに。


次の園芸センターでも肝心な物は売り切れていて、次はいつ入るかわからないと言う。

沢山あったので大丈夫だと思っていたが、3日前にまとめて全部買って行った人がいたのだという。


が・・・・。














これが思わず連れ帰って来た子です。

C.Irene Holguin 〝Browm Eyes”


花はだいぶ傷みが目立つが、それでもまだ十分に見られる。

実は、これとよく似たのを最初の園芸センターで見ているのだが・・・・。

花はもう少し痛みは少なかった。

が、値段はこれの3倍近く。

実はこのカトレア。

チョットしたミニカトレアより安いくらいの値段が付いていたのです。

そう、野口英世さんにチョッとお供を付けた程度のレベル。


ネットで調べても、「花なし」でも倍以上の値段が付いている。

株自体も非常に立派です。

が、その分置き場所に問題が。

これでまた何かが犠牲になるのです。


ついでだが、思わぬ余禄?も。

買った時は気が付かなかったが、香りがあるのです。

朝起きると、かすかだが良い香りが部屋に漂っている。

昨日まではなかった。

そう、この花が香っていたのです。

しばらくは香りでも楽しめる?。



今回は、他にも掘り出し物?がいくつもあるが、それは追々紹介します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 香港ドウダンツツジでも | トップ | 恐竜に花芽が »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。