新へそ曲がりおじさんの花便り(旧へそ曲がりおじさんの、へそ曲がりなオカヤドカリ飼育法)        

わけあってリニューアルオープンします。オカヤドカリの飼育はやめたので、花便りがメインになります。

「タロイモ・イラストリス」の鉢増しをしてみた

2017-07-29 22:29:01 | 観葉植物(斑入り)



鉢増しをした後の姿です。

左にある鉢が元植えてあった鉢で、5号の深鉢。

本当は7号にしたかったが、適当な鉢が見つからず、わざわざ買いに行くのも面倒なので、有り合わせの8号に。

空いた鉢は沢山あるが、意外と7号の鉢は少ないのです。








元の鉢から抜いた後の姿です。








これがその根鉢です。

びっしりと根が張っていて、なかなか鉢から抜けなかった。

鉢の縁を何度も金づちで叩き、ようやく抜くことが出来た。


この状態になると「根詰まりだ」と言っていやがる人もいるが、必ずしもそうとは限らない。

買ってから3年経つが、一度も植え替えたことなどない。

今回は鉢増ししたが、これ以上大きな鉢にするつもりはない。


同じ仲間の「ブラックマジック」同様、「耐寒性がある」と言われているが・・・・。

冬は地上部が枯れてしまい、地中に芋が残るようです。

その芋が翌年の春になると芽を出す。

が・・・・。

「ブラックマジック」は3年後に消えてしまった。

むしろ、「斑入りクワズイモ」の方が耐寒性は強いようです。


「イラストリス」や「ブラックマジック」は、5度くらいになると地上部が枯れ始めます。

が、「斑入りクワズイモ」は、0度近くになってもほとんど枯れません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青い渚、今年は徒長しない?... | トップ | 「黄花白檀」の具合が悪い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

観葉植物(斑入り)」カテゴリの最新記事