新へそ曲がりおじさんの花便り(旧へそ曲がりおじさんの、へそ曲がりなオカヤドカリ飼育法)        

わけあってリニューアルオープンします。オカヤドカリの飼育はやめたので、花便りがメインになります。

まだ2月だと言うのに・・・・     画像を追加します

2017-03-07 23:02:23 | サボテン










このクジャクサボテン。

まだ2月だと言うのに、もうこんなに蕾を膨らませている。

ここは前にも書いているが、波板で囲っただけのベランダです。

なので、雨風は防げても、温度はどうしようもない。

この冬も「-3度」になったことが2回あり、「0度以下」は何度あったことか。

にもかかわらず、もうこんなに蕾を膨らませているのです。























こちらは四季咲き性のあるやつで、1年中ポツリポツリと花を咲かせる。

が、これも春はまとまって咲きます。

なので、こちらも沢山のつぼみが膨らみ始めている。

ただ、全てのつぼみが膨らんで咲くわけではなく、途中で萎れるつぼみも結構あります。


それにしても・・・・。

まだ寒い2月だと言うのに、どうしてつぼみを膨らませたのか。

温室ならともかく、-3度にもなるこちがある場所で。


雨風を防げるから良いのかも。

同じ温度でも、屋外だとダメになるので。

2017.02.26.





追加の画像です。












1週間あまりで一周り大きくなっている。

が、もう少し大きくなると育たないで落ちてしまう蕾が出てきます。

それにしても・・・・。

耐寒温度は、日当たりの良し悪しでかなりの違いが出ます。

耐寒性は、日当たりが良いと良くなり、日当たりが悪いと弱くなる。



後、晩秋から春にかけて出回る鉢花の耐寒性にも注意が必要です。

これらの多くは「施設栽培」がほとんど。

施設栽培。

昔風に言うと「温室育ち」です。

耐寒性がある植物でも、温室育ちには通用しません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あと少し | トップ | 金紐に蕾が »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
(゜▽゜*) (モモママ)
2017-02-26 07:43:01
我が家のクジャクも蕾を付けてますがまだ小さいです(^^;)
雨はほぼ当たらないけど風はガンガン当たります、当てない方が良いんですかね(-""-;)
まぁ咲いてくれるから良いんですが(^^)
モモママさん (へそ曲がりおじさん)
2017-02-26 21:34:28
クジャクサボテンは「森林性サボテン」の仲間なので、出来れば強い風は避けた方が良いかも。
花は痛みやすいので、開花時は風に当てないほうがいいと思うよ。

コメントを投稿

サボテン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。