新へそ曲がりおじさんの花便り(旧へそ曲がりおじさんの、へそ曲がりなオカヤドカリ飼育法)        

わけあってリニューアルオープンします。オカヤドカリの飼育はやめたので、花便りがメインになります。

久々に瘤エケでも

2016-10-25 03:52:25 | その他の多肉植物



上の2つは「レインドロップス」

下の2つは「バロンボールド」


今年の春くらいまではよく記事にしていたが、最近はすっかり飽きてしまった。

1年半前に買った時は面白そうだと思ったが、所詮はエケベリアである。




エケベリア。

一時期少し集めて見たこともあるが、成長が早くて置き場所に困り、数年前にそのほとんどを処分してしまった。


どのくらい成長が早いのか。

そに速さは、瘤エケを作ってみてよく分かった。


そう、瘤がないと何時出来た葉かの見極めが難しいが、瘤があるとそれが良く分かるのです。

その結果は。

1年以内にすべての葉が入れ替わります。

それと、瘤エケの瘤も、季節によってかなりの違いが出るようです。

更に、春の一時期だけは、なぜか瘤が出来なくなるようです。


と言うことで、春に出来た瘤のない葉も、今はほとんど残っていません。





ついでなので。





「パールフォンニュルンベルク」です。

右は1年ほど前に買った親株です。

左は・・・・。

偶然落ちた葉から芽を出した「葉挿し苗」です。

1年足らずでここまで大きく育つのです。


が・・・・。

以前持っていたのはもっと巨大になったのだが・・・・。

右の親株でも、全体でやっと「手のひらサイズ」だが、以前あったものは、1枚の葉だけで「手のひらサイズ」でした。


正直、まるで「別物?」と言った感じです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年も失敗のようです | トップ | 斑入りの君子蘭がおかしなことに »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
(≧▽≦) (モモママ)
2016-10-26 00:33:13
一枚が手のひら大なパールさん見てみたい(≧▽≦)
エケべリアはでかくなるんですね(^^;)
確かに以前見た翁がキャベツの如しであれはあれで羨ましかったなぁ(^^)
モモママさん (へそ曲がりおじさん)
2016-10-26 02:33:49
大きくなる品種は少ないが、予想外に大きくなるものもある。
翁もかなり大きくなるし、翁並みに大きくなった名無しさんが今いるよ。
エケたちは、水も肥料も好きなようで、肥培するとかなり大きくなるからね。
大きくなると存在感と迫力が出るが、その分置き場所に困る。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。