新へそ曲がりおじさんの花便り(旧へそ曲がりおじさんの、へそ曲がりなオカヤドカリ飼育法)        

わけあってリニューアルオープンします。オカヤドカリの飼育はやめたので、花便りがメインになります。

3月に胴切りをした「四角恩塚ランポー玉」

2017-07-18 03:08:26 | サボテン










これは3月に胴切りをした時のもの。










これが今の姿です。
















全部で6個仔を吹いているが、1個はダメかも。

かなり昔(30年近く前?)に買ったもので、過去に2回胴切りをしている。

が・・・・。

過去2回の胴切り。

2回ともやっと吹き始めた仔をナメクジにかじられてしまい、下の方はやがて枯れてしまった。

今回は・・・・。

ナメクジ退治がしっかりと出来たようで、今のところは大丈夫。

ナメクジ退治。

「メタアルデヒド」を主成分にしたものが効果が大きいようです。

一昨年から使い始めたが、激減しているので。

かつては伸び始めた蘭の根先もよくかじられたが、最近はほとんど被害がありません。

家の中にもよく侵入してきたが、それもなくなりました。









胴切りをした先端部も成長をしています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一向に育つ様子がない「冬紅葉」 | トップ | またも咲かないで種が出来ている »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。