新へそ曲がりおじさんの花便り(旧へそ曲がりおじさんの、へそ曲がりなオカヤドカリ飼育法)        

わけあってリニューアルオープンします。オカヤドカリの飼育はやめたので、花便りがメインになります。

さて、どうしたものか     画像を追加します

2017-08-15 23:55:06 | シダ・山野草



中南米の熱帯地域が原産の「大王ウラボシ」という名のシダだと思うのだが・・・・。

まったくの偶然によって我が家にやってきたもので、買ったわけではありません。

何年か前に偶然芽生えた実生のシダに興味を持ち、どんなシダになるかと育ててみたのだが・・・・。

これもまた全くの偶然ではあるが、「大王ウラボシ」だということが判明した。

そう、2度も偶然が重なったのです。

それにしても・・・・。

日本では売られていないこの「大王ウラボシ」が、なぜ我が家にやってきたのか。

いくつかの偶然が重なって「胞子」が我が家まで飛んできて、たまたまこの鉢に落ちた。

そして、その胞子が芽を出した。

それを見た私が何となく興味を持って育ててみた。

それがここまで大きくなった。

今の大きさ(高さ)は、鉢を含めると「95センチ」あります。

原産地では「1.5メートル」くらいにまでなるらしい。









これが根元の様子です。

白く毛羽立っているのは「匍匐茎」です。

「トキワシノブ」や「ノキシノブ」の匍匐茎を太くした感じです。









今年伸びた葉の裏側で、「胞子嚢」ができています。

ということは・・・・。

この胞子たちはやがて何処かに飛んで行きます。

すでに飛んでいるかも。

となると・・・・。

あちこちで「大王ウラボシ」が増殖する?。


耐寒性はなさそうなので、屋外では冬を越せない?。

そうあって欲しいものである。


意図的に外来植物を自然界に広めるのはいけないことだが、このような場合はどうなるのであろうか。

難しい問題である。




追加の画像です。





マイクロSDカードからの画像の読み込みがうまくゆかないことがあり、後になって見つかることもある。

これがその画像で、匍匐茎の先端部分です。

トキワシノブの匍匐茎よりはるかに太いです。

この部分から新しい葉が伸びるが、少しずつ茎が太くなっている。


原産地では多きな木の幹などに着生しているとのことで、これもコルク樹皮に着生を始めています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高砂ユリでも | トップ | またもサンセベリアに異変が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

シダ・山野草」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。