新へそ曲がりおじさんの花便り(旧へそ曲がりおじさんの、へそ曲がりなオカヤドカリ飼育法)        

わけあってリニューアルオープンします。オカヤドカリの飼育はやめたので、花便りがメインになります。

この先どうなるのか・・・・    追記です

2017-05-21 04:39:53 | その他の多肉植物



セネシオ属、ヤコブセニー。

ポーチュラカを巨大化したような姿で、今でもまだ成長を続けている。

セネシオの仲間は夏の高温多湿に弱いものが多く、この先が思いやられる。









こちらも同じセネシオの仲間で、左は「鉄錫杖」で、右は名前がわからない。

この二つも屋外で雨ざらしにしているが、今もって旺盛に成長を続けている。


この3つ。

ネットで調べても栽培法が良くわからない。


同じ仲間の「銀月」は乾燥させないと夏を越せないことがほぼわかったが、「新月」に関してはイマイチよくわからない。


グリネの系統も同様で、我が家での夏越しはかなり困難なようです。

セネシオ類は、秋から春は至って元気だが、夏の高温多湿には至って弱い。



日中の暑さよりも、夜間の高温多湿がダメなようです。

夜間の高温多湿。

いわゆる「熱帯夜」です。

夜間の温度が25度を超えると「熱帯夜」と言うが、こちらでは「30度」を超える日もあるのです。

そう、25度はまだ序の口なのです。



今年もそれなりの対応策を考えてはいるが・・・・。

その結果は秋にならないと分かりません。






追記です。





名前がわからなかった右側のもの。

どうやら「ロンギフォリウム」らしい。

単に「ロンギフォリウム」で検索すると、「パキフィルム」の方のロンギフォリウムが出てくる。

が、「セネシオ・ロンギフォリウム」で検索してもほとんど出てこない。

とにかく良くわからないやつである。

ヤコブセニー、鉄錫杖、ロンギフォリウム。

この3つの夏越しをどうするか。

この件に関しては、いくら検索してもほとんどわからない。


はてさて、どうしたものか。

 

訂正です。

「ロンギフォリウム」ではなく、「ロンギフローラス」が正しいようです。

そう「ロンギフローラス」で検索するといくつか出てきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たまにはピーマンでも | トップ | 紫蘭(シラン)でも »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。