新へそ曲がりおじさんの花便り(旧へそ曲がりおじさんの、へそ曲がりなオカヤドカリ飼育法)        

わけあってリニューアルオープンします。オカヤドカリの飼育はやめたので、花便りがメインになります。

節分草

2017-02-24 03:25:35 | 山野草
少し前にもアップしているが、改めてまた。












花は小さくて、数日で萎れてしまう。

そして、勝手に種が出来ます。

種が熟すのは5月頃だったと思うが、その頃には地上部は枯れ始める。

と言うことは・・・・。

地上に姿を現しているのは3か月余り。

後は塊根の状態で地中にいるだけ。


カタクリはまだだが、カタクリも同じです。

どちらも実生で増やせるが、セツブンソウは3年か4年で花を咲かせるが、カタクリは10年近くかかります。

プランターなどでは10年以上かかる。

10年以上も前に蒔いたカタクリがあるが、まだ少ししか咲かない。

カタクリが咲くのはもう少し後です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近のアエオたち | トップ | 冬咲きクレマチス「アンシュ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
(^^;) (モモママ)
2017-02-25 00:50:05
節分草でも長いなぁと思ったのにカタクリ10年ですか(^^;)
節分草、種子がうまく採取出来たら実生も試してみます(≧▽≦)
モモママさん (へそ曲がりおじさん)
2017-02-25 03:06:04
一般的な草花とは違い、山野草の成長は非常に遅いのです。
だから絶滅しやすいんだよね。

コメントを投稿

山野草」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。