新へそ曲がりおじさんの花便り(旧へそ曲がりおじさんの、へそ曲がりなオカヤドカリ飼育法)        

わけあってリニューアルオープンします。オカヤドカリの飼育はやめたので、花便りがメインになります。

マキシラリアの花芽    画像を追加します

2017-03-06 23:08:31 | その他の洋蘭



去年買ったこのマキシラリア。

バルブの数が倍に増え、沢山の花芽を伸ばしています。










こちらは反対側です。

一つのバルブから2つの新芽が伸びるので、来年はさらにバルブの数が倍に増える。

今現在でも鉢にぎゅうぎゅう詰め。

が、鉢を大きくするつもりはない。

なので、来年は新しいバルブは鉢の外にはみ出すだろう。

根も鉢の表面を這いまわるはず。

普通の植物では考えられないことだが、ランの多くは「着生植物」である。

着生植物。

根は土の中に張らず、木の幹や岩の表面に根を張ります。

なので、鉢の表面に根を張るくらいが良いのです。

今回は写し忘れたが、「ピクタ」はもっとすごいことになっている。

多少の耐寒性があるので、ピクタは雨のあたらない屋外の軒下に置いてあります。

ただ、屋外なので、-4度くらいにはなったかも。

2017.03.04.





追加の画像です。





これが屋外組の「ピクタ」です。











さすがに屋外組なので、まだ蕾は小さいです。

5年前、-5度にはなったであろう真冬の屋外を生き延びた丈夫な蘭です。

さすがにその時はかなりのダメージは受けていたが、それが5年でここまで回復。

その間植え替えはしていません。

もちろん、これからも植え替えるつもりはありません。

目標は、株で鉢が見えなくなるくらいにしたいのです。


「キンギアナム・シルコッキー」をそのようにまでしたことがあるが、其れは5年前の冬にダメにしてしまった。

20年近くかけてようやく出来上がりかけたのに、舌癌の手術で入院中に失う。



人生。

いつ何が起きるかわからないのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巨大化?した「姫竹葉セッコク」 | トップ | 沈丁花が咲き始めました »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ジュメ)
2017-03-04 17:10:52
こんにちは~♪

凄い数の花芽ですねこんなに多いの見たの初めて!

あと何日で開花かしら?楽しみに待ってます(^^)/
ジュメさん (へそ曲がりおじさん)
2017-03-04 22:36:06
マキシラリアの中でも、この系統は特別多いようです。
「ピクタ」に似た感じだが、こちらの方が少し大型のように思うが、栽培条件の違いかも。
咲くのはまだしばらく先です。
今月中には咲かないかも。
花は「春蘭」によく似ているが、色は黄色です。

コメントを投稿

その他の洋蘭」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。