新へそ曲がりおじさんの花便り(旧へそ曲がりおじさんの、へそ曲がりなオカヤドカリ飼育法)        

わけあってリニューアルオープンします。オカヤドカリの飼育はやめたので、花便りがメインになります。

早くも椿が・・・・

2016-10-16 22:03:04 | 花木



「太神楽」と言う品種で、例年であれば、年が明けてから咲く。









こちらでもかなりつぼみが膨らんでいる。


まだ山茶花も咲いていないというのに、山茶花より早く咲く椿。

これも異常気象の影響です。


以前でもたまに起きることはあったが、最近は発生の頻度が高い。


山茶花は秋に咲くので蕾は温度の影響を余り受けないが、椿は大きく影響を受ける。

一般的には「冬の寒さで」と言われているが、必ずしもそうではないようです。


椿の花芽の形成は「夏の初めころ」のようで、花芽が形成された後に通常より気温が低い日が続くと、つぼみの休眠が破られて、このように早く咲くようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またもや花茎が伸びている | トップ | 野生化した多肉たち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。