花と鉄輪

趣味であるオートバイでの出来事と、
日常での出来事。
三河遠州を中心に花、滝、巨木を回ってます。

近所で低山登山・滝頭山~藤尾山~赤松山

2018-02-14 19:33:55 | Weblog
スタートは滝頭公園の奥の駐車場


滝頭不動尊


恐竜の背の登り口


恐竜の背上から


滝頭山山頂
今回は藤尾山へ向かう


西の覗き


林道へ下る


林道からの上り


三ツ俣、藤尾山へ向かう


藤尾山山頂


うっすらと富士山が見えた
三ツ俣へ戻り不動岳方面へ


迷子尾根、千年桜新道への分岐


不動岳山頂


赤松山山頂


赤松山山頂から滝頭公園へ降りて来た
不動橋のたもとに出られた

駐車場に戻って、約2時間の歩きでした






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近所で低山登山・衣笠山~滝頭山

2018-02-05 21:24:26 | Weblog

登山口


林道終点との合流点


山頂の祠


祠より緑が浜方面


桟敷岩より仁崎方面


仁崎峠への下り


仁崎峠からの上り


仁崎峠から滝頭山へ


滝頭山と恐竜の背分岐


男坂、女坂分岐


滝頭山山頂


恐竜の背と不動滝上遊水地との分岐


不動滝上遊水地への下り


不動滝上遊水地


不動滝の落ち口


不動滝

登山口の車まで戻って約2時間でした

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

設楽町神田・穴滝

2018-02-02 19:42:45 | 






この滝は凍結を期待してたんだけど
ここも水が落ちてた
数年に一度の寒気だとTVでは言ってたが
思ったほど凍らないもんだね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

設楽町和市・釜の口滝

2018-02-01 20:04:33 | 


この滝は普通に水が流れてるから、全面凍ることは無いだろうね
縁が少し凍ってる程度
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

設楽町和市・不動滝

2018-01-30 19:36:34 | 
30年1月27日の中日新聞三河版に、設楽町和市の不動滝が凍結したと載っていた
この週は数年に一度という寒波が押し寄せてて
この日の設楽町の最高気温は6℃、最低気温は-4℃
丁度ヒマがあったので見てきたよ

不動滝までの道中は、日陰に雪は残るものの特に凍結もなく辿り着けた


不動滝への階段


不動滝男滝




不動滝女滝



なんか、全然期待外れ

中日新聞の写真は、遠景からの撮影のようなので
もしかしたら上部は凍ってるのかもしれないし
先日の写真が今日掲載されたので
すでに解けてしまって、今朝また凍結したのかもしれない

如何せん、ガッカリな訪問だった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コセリバオウレン

2018-01-28 16:03:50 | 










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

節分草

2018-01-27 20:41:28 | 






石雲寺の節分草
日当たりの良い所は沢山咲いてたが、遠い
近くで撮れたのは2輪のみ
来週には多く咲き出すかなー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コウノトリ

2017-12-22 19:24:04 | Weblog
市内に居るという情報が中日新聞に載ってて
居る場所の情報も回ってきたので、見てきたよ







ちょっと目が怖い・・
背中に矢でも刺さってるように見えたんで
一緒に見てた鳥専らしきカメラマンに聞いたら
GPSを背負ってるんだって
鳥も大変だねぇ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

浜松市天竜区佐久間町・たっくい淵を越えて

2017-12-16 19:59:02 | 
前回の続き

5m滝の右岸をまく
そのまま5m滝の落ち口に向かうのではなく
さらに右岸側を進んで2段8mを正面から見に行く


2段8m滝
上半分に直射日光が当たって、非常に撮りずらい
それでも1段目の面白さが判ってくれると思う


2段8m滝1段目
1段目は小さなプールを持っている
右側から巻き込むように流れ込む水が
ポットホールを作るようにプールを作ったのだと思われる
夏場に水遊び出来そうな姿だが、沢屋さんも遊ぶのだろうか?

少し戻って5m滝落ち口へ向かう


5m滝落ち口と形のよい釜

今居るあたりが、ちょうどたっくい淵展望台上の鉄製階段から見えてるあたりだ
したからも鉄製階段が見えた(もちろん展望台は見えない)


足元に打ってあったボルトとカラピナ
5m滝の釜手前にもボルトがあった


5m滝落ち口


8m2段滝の2段目
画像右手に青い残置ロープがあるのが判るだろうか?


残置ロープ
無くても登れそうだが、せっかくなので利用して上へあがる


岩の上より5m滝の釜

天気が良いのでここで小休止した後、さらに上流へ向かう


明るい河原を進む
50m程進んで左へ曲がると雰囲気が一変した


寒く暗い


13m滝


正面より


左手へ回って
この滝はたっくい淵の1連の滝と雰囲気が全然違って
これはこれで見惚れるぐらいのよい滝だった

この滝は、左手の涸れ沢からまけるらしいが
自分は少し戻った左岸側のザレを登った
稜線に出たら、さらに稜線沿いにひたすら登る
じっさいこの登りが一番しんどかった

小さいピークをいくつか越えると、ちょうどたっくい淵の駐車場に出た
スタートから戻るまで2時間半ぐらいだった
念願のたっくい淵通り抜け、大満足でした










コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

浜松市天竜区佐久間町・たっくい淵

2017-12-14 22:21:07 | 
昨年に続き、また佐久間町のたっくい淵に行ってきたよ
紅葉の時期に行きたかったが
やや遅めの訪問になってしまった

たっくい淵入口はココ


遊歩道を下る


展望台手前、鉄製階段よりたっくい淵を望む
展望台からは見えなかった


踏み跡を利用して河原まで降りる
ここがたっくい淵ゴルジュ入口

沢屋さんは、手前の淵を泳いで小さな段差をよじ登るそうだが
もちろん自分はそんな事ができるハズもないので
右岸をまくことにする


右岸をまく途中で出会ったバンド
まるで廃歩道のよう?


たっくい淵ゴルジュ入口から見えた2段6m滝
バンドから下って撮影
下段がひょんぐりっぽくなってて面白い


右岸斜面を辿って落ち口へ


ゴルジュ入口が見える構図で


上流に5m滝が見える


深い釜を持つ5m滝

滝右手に日が当たって撮影しずらいので
流水を渡って左岸へ回る


形が良く、深い緑色をした深そうな釜

足元に蜘蛛が居ないか注意しながらの撮影(笑





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加