花と鉄輪

趣味であるオートバイでの出来事と、
日常での出来事。
三河遠州を中心に花、滝、巨木を回ってます。

豊根村富山・ボンクラ沢不動祠

2017-07-29 20:44:13 | Weblog
前回の続き

予定ではここからさらに北上する計画だったけど
帰りの時間も気になるので止めて
ボンクラ沢不動滝の滝上にあるという不動祠を見に行くことにした

本来ならば、県道1号の不動橋の右岸側から下流に向けて道があったのだが
木製桟橋だったので、痛んでたり崩落してたりして通行は無理そう
でもまいたら進めそう





桟橋はこんな感じ


少し進むと祠が見えてきた


正面から

上の板は落ちてたが、しめ縄は新しめなんで
今でも定期的に管理されてるようだ

中には不動様が祀られてると思うが、覗いてはみなかった
不敬だしね

祠の下には、沢へ降りられる道があって
下流へ進むと不動滝の落ち口が見られそう


不動滝落ち口

右岸側へ登ってさらにその先へ



先ほどの道へ戻って見上げると、県道1号が見える
斜面を登って県道へ復帰した

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊根村富山・ボンクラ沢水神滝 | トップ | 7月31日黒河湿地 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ボンクラ沢 (ke125)
2017-07-30 06:47:00
いずれ蛙の置物見に行こうと思いつつ
行けてないです。

訪問当時は不動滝への道間違いと脚の状態で水神滝は迂回を余儀なくされて
へろへろだったんですけど、
次回行く機会があれば沢伝い余裕かもわからんです。
Unknown (okaty)
2017-07-30 21:58:10
ke125さん、こんばんはー

そいえば蛙の置物が並んでましたねー
なんか由来があるんでしょうか?

水神滝を見た後、富山まで上がって例の沢の岩を見てこようと思ってたんですが
残念ながらまたの機会です
Unknown (ke125)
2017-08-02 19:28:30
okatyさんどうもです。

大きく捉えると神社仏閣では福が帰る(カエル)ということで
縁起の良いものとして祀られているそうですけど、
ピンポイントに何故にここの祠でカエルの置物が
増殖したかの経緯は全く分かりません。

例の沢はレポではへろへろなことを書いてますけど
疲労の要因が寒さと富山村の遠さ、少し睡眠不足が7割占めていましたので
現地ではキツイ行程はまずないと思います。
体感的には布滝沢布滝上流側ルートよりもきつかったという富山村おそるべし。
Unknown (okaty)
2017-08-03 20:04:57
富山村は遠いですねー
佐久間湖畔の延々と続くカーブが遠さに輪をかけてる気がします
例の沢まで行けなかったのは残念でしたが、次の機会にでもチャレンジです

あと佐久間湖左岸の白神滝、大嵐駅から行ってみたいんだけどね
こちらもいつかチャレンジしたいです

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL