okashihimeのおやつな生活

   こんなお菓子やあんなお菓子・・・そして、ときどきごはん。

志むら 卯の花

2017-06-02 01:01:07 | 和のおやつ

 目白の「志むら」の5月の生菓子から「卯の花」(¥300+税)。

 白、黄色、萌黄のきんとん。儚げな色あいです。

 お店でイートインしたのは「あやめ饅頭」(¥300、煎茶とのセットで¥740+税)。

 みどりの葉のラインがキリリと凛々しい姿。やや厚めのおまんじゅうの皮はふんわり。中はこしあんです。

 「志むら」といえば。やはり、「九十九餅」(つくももち)!

 全卵をねりこんだぎゅうひもち。やわらかくて・・・まろやかなんですよ 

  蜜漬けしたとら豆もふっくら。きなこもたっぷりで、会社でたべるときは、ちょっと注意が必要 デスクがきなこまみれになっちゃう 笑!

 1つ¥120。6,7年ぶりだけど、同じお値段なのもウレシイ。

 この日は、学習院大学史料館の特別展「宮廷装束の世界」をみに目白へ。

 小さな展示室ですが、皇族・華族の美しい衣装やかわいらしいボンボニエールなどが展示。特に、繊細な文様の織物はすばらしかったです。あの職人技術、今も継承されているのでしょうか。だといいのだけど。

 外にでたら、すてきな木造建築を発見。1909年に建てられた旧図書館。帝国図書館(今の国際子ども図書館 @上野)を設計した久留正道によるものです。

 シンプルな建物にみえますが、よくみると、優美なラインにあふれていて。

 ドアのちょうつがいには、こんな模様が。あとで知ったのですが、桜のモチーフなんですって。

 建物下部分の空気孔?にも桜。学習院の校章ですものね。

 本当は、中もしっかりみたかったけど、不審者になりそうなのでこれぐらいで。。。

 こちらは旧皇族寮。

 全寮制だった時代、山階宮武彦王ら皇族の寮として利用されたそうです。 ここにも、桜モチーフ。

 キャンパスもすてきでした

 1927年(昭和2年)に竣工した旧理科特別教場(南1号館)。 玄関や窓のアーチが美しい!

 アールデコ調の階段の手すり。すてき。

 こちらは旧中等科教場(西1号館)。1930年(昭和5年)の竣工。

 ドアの繊細な姿に、もううっとり

 掲示板の木枠や教室の部屋番号プレートなど・・・装飾の1つ1つが美しくて。

 いずれも国の登録有形文化財に指定されている貴重な建物群。今も現役の校舎として利用されているのですよ!すばらしい。

 目白に移転した1908年から学習院の歴史を見守ってきた正門。風格がありますね。

 思いがけずレトロ建築おさんぽも堪能 大満足です♪

 

志むら   志むらのおかし

東京都豊島区目白3-13-3 03-3953-3388 9:00-19:00(祝 -18:00) 休:日

 

 

『スイーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とらや 菖蒲あわせ | トップ | Cafe du Palais ラリックチ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。