okashihimeのおやつな生活

   こんなお菓子やあんなお菓子・・・そして、ときどきごはん。

佐賀銘菓めぐり さが錦や丸ぼうろ

2016-10-16 22:03:52 | 九州のおやつ

 佐賀の観光案内所で、こんなチケットをみつけました。

 「佐賀銘菓めぐりの恵比須散歩」。¥500でチケットを購入し、市内4つの菓子店でお菓子をいただくというもの。この日はちゃんと予定をたてていなかったので、これを使ってお散歩することに。

 長崎から小倉まで続く長崎街道は、江戸時代、貴重な砂糖の流通経路でもありシュガーロードとも呼ばれていて、佐賀には南蛮由来のお菓子が多いのだとか。羊羹で有名な小城もシュガーロード上にあります。

 最初に訪れたのが、駅から徒歩3分ほどの「村岡屋」。

 こららでいただいたのは、「さが錦」!

 小豆入りの浮島をバウムクーヘンでサンドしたお菓子で、伝統織物「佐賀錦」をイメージした佐賀を代表する銘菓です。・・・これは、伝統菓子というより、たぶん割と新しいお菓子なんじゃないかな?

 一切れサイズをいただいて、あとで、棹でも購入。

 小城羊羹の「村岡総本舗」では、「とら焼き 宗歓」を。

 中は紅あんです。

 同じく小城に本店をもつ「八頭司伝吉本舗」と、「北島」では、丸ぼうろ。

 しっとりとしてて、素朴な焼き菓子。

 北島の丸芳露はよくおみかけしますね!お店ではジャムをサンドした「花ぼうろ」というのもあって買ってくればよかったな、と後で後悔。

 小城には、八頭司(やとうじ)の名がつく羊羹屋さんが3軒もあって・・・暖簾分けしているそうですが、どこが元祖なのかな?

 ・・・いただけるお菓子は行ってからのお楽しみ、ではありますが、パンフレットでは羊羹が紹介されていて・・・2店が同じ丸ぼうろだたのは、ちょっぴり残念。無料サービスなら仕方ないかな、と思うのですけどね

 そうそう、どのお店でも、もれなくお茶と試食のおもてなしがあってびっくり。いろいろお味見させていただきました♪ 

 恵比須散歩もしました

 佐賀にはいたるところに恵比須像があって・・・その数、なんと市内だけでも820体以上あるそうです!

 このチケットでは、大通りにほど近い7つの恵比須様を紹介。こちらも、全部回りました

  

 駅前の宝くじ売り場にいらっしゃる「よかよか恵比須」さまと、「忍者恵比須」さま。

 地図が簡略したものだったので、途中、わからず、お店の人におしえてもらったり・・・。恵比須散歩、距離にして、駅から最長1キロぐらいだったかな?

 軽くお散歩するのにちょうどよかったです。

 佐賀市のマンホールは・・・ムツゴロウ。

 歩道のところどころ小さなタイルが埋め込んであって、さすが焼き物の産地だな、と。こんなところにも、地域性があらわれていますね。 

 

 

『スイーツ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村岡総本舗 小城羊羹 | トップ | ミスタードーナツ 焼き栗ド... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みい)
2016-10-17 05:40:37
コチラでは羊羹、長崎ではカステラ、などなど
数知れないほどお店が並んでいて、暖簾分けのお店も多いですし
どこで買ったらいいのかわからないですよね〜
試食しているうちにお腹も一杯になって、ご飯も要らなくなって・・

先週、阪急百貨店の「英国フェア」というのに行ったんですけど
試食していると後は珈琲だけ飲んでお昼を済ませてしまいました (^-^:
Unknown (okashihime)
2016-10-19 23:33:13

地方のお菓子やさんは、知らないことが多くて
後になって、そういうつながりだったんだ!と思ったり。

また行きたくなってしまいます

先月、日本橋三越でも英国展、やっていて、
ワタシは行けなかったんですけど
すごい人だったみたいです!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。