Okanagan's Twilight Days

人生の黄昏を迎え、日々の出来事を徒然のままに綴っています(*^_^*)

重友がロンドン五輪2012のリベンジを果たす! 2017年1月29日

2017-01-29 14:55:52 | 日記・エッセイ・コラム

1週間ほど前、ポケットから愛用のCANON IXYが居間の絨毯(じゅうたん)の上にこぼれ落ち、レンズエラーが出て操作不能になった!早速、行きつけのカメラのキタムラに持ち込んで修理に出している!先程、進捗状況を問い合わせると、大阪にある日建テクノの修理工場に出している様で、修理が終わってキタムラに届くまで、あと2,3日かかるようである!新しいのを買っても良かったのだが、長年使っているので愛着も募り買うのをとどまった!また、たまたま同じメーカーの同じ機種がなかったし、機種変更のパソコン操作もしなくちゃならないので・・修理代は8000円ほどになるようだ!痛い(^^ゞ・・・

世界陸上2017ロンドン大会選考レース“第36回大阪国際女子マラソン”が、12時10分に長居ヤンマー・スタジアムをスタートした!小生、マラソンやスポーツ大会の中継ブログ記事は、飽き飽きして、また75歳と後期高齢となり目が疲れるわで、もう、やるまいと思っていたが、序盤はレース観戦を楽しんでいた!だが10名強ほどの先頭が10~15kmを16′42”で過ぎた辺りからメモ帳とペンを手に取って観戦していた!先頭集団が大坂ビジネスパーク辺りを走っていた、ペースメーカのあとに、確か加藤岬(25歳、九電工)がレースを引っ張り、堀江美里(29歳、ノーリツ)、実業団に属さない市民ランナーの吉田香織(35歳、チームR×L)、ハブテゲブエル(バーレーン)、ツェガ(エチオピア)が着いていた!・・・

少し遅れて、自主練のため参加した加古川マラソン2016で女子トップでゴールした田中華絵(29歳、第一生命)、竹中理沙(27歳、資生堂)、重友梨佐(29歳、てんまや)と既に遅れ気味の伊藤舞(32歳、大塚製薬)がつづいていた、20km地点を16′50″の5キロラップ1°08′03″で通過した、中間点を1°11′46″で過ぎペースメーカーのダニエルがはずれ、大阪南の道頓堀を折り返していった!25キロ手前から先頭の加藤岬が遅れ始めた!田中華絵が先頭で25km地点を1°25′17″で通過し!25キロを過ぎてから2位に着いていた堀江美里が、前に出ると一気にスパートして単独首位に立った!・・・

粘る加藤岬が吉田香織を交わして2位に上がって大阪城内へ入って行った!御馴染のアルフィーの“夢よ急げ”が流れる!あっ、29キロで重友梨佐が加藤と吉田を追い抜いて、単独2位に上がった!30km地点を単独トップを行く堀江美里がこの5キロラップ16′19″の1°42′08″で通過して終盤に向かう!あっ、あのロンドン五輪2012代表の重友梨佐が堀江の背後120mに迫って来ていた!32キロでその差が14mに詰まって来た!34キロを過ぎて堀江が今里筋に入る頃には、重友が堀江に10秒差にまで迫った!35km地点を堀江が1°59′24″で通過した!そして重友が6秒差の1°59′30″で通過した!・・・

間もなく、重友梨佐が堀江を捕(とら)え、そして交わして単独首位に立った!それを監督室で武富(たけとみ)豊総監督が見守る!苦しみで顔をゆがめる重友が38キロを過ぎ、残り5キロとなった時、涼しい恵みの小雨が 降り注いだ!今日の気温は13℃と暑いぐらいだ!堀江との差が100m差に広がった!ゴールが待つヤンマースタジアムは直ぐそこに近づく!その時、五郎丸のコマーシャルが流れた、“未来を変えろと人は言う!しかし今を変えない限り人は変わらない!”、因みに、今日秩父宮ラグビー場で行われた54回日本選手権で、サントリーが15-10でパナソニックを破って、4年ぶり7度目の優勝を果たしている!・・重友が39.85キロを過ぎ苦しみに耐える!己を叱咤激励してゴールに向かう!日本のエースの復活だ!・・・

重友があと2キロを過ぎた!堀江美里も1分遅れであと2キロを過ぎた!・・残り1キロを切った!足首の故障もあって18キロから脱落し79位2°40′06″と不本意な記録に終わったロンドン五輪だった!あれから5年間の苦労が実って、重友がトップで帰って来た!ヤンマー・スタジアムがすぐそこに見えて来た!新しい重友梨佐のマラソン人生は、この長居から再スタートする!重友は泣きながら走っていた!マラソンゲートをくぐり、トラックに入った!バックストレートからホームストレッチへ廻る!自己ベスト2°23′23″には僅か届かなかったが、更にペースを上げながら重友梨佐が2°24′22″の好タイムで晴れのロンドン世界陸上2017へ繋がる優勝のテープを切った!バッタリ倒れたが武富総監督と同僚が直ぐ抱え起こした!チャンピオン重友梨佐を祝う月桂樹が頭上に飾られ、美しい花束が贈られた!重友よ!おめでとう!ヽ(^。^)ノばんざ~~~い・・・

2位2°25′44″でゴールした堀江美里を、沿道で厳しい顔で発破をかけていた森岡芳彦ノーリツ監督が笑顔で迎えた!3位2°26′19″で走り終えた田中華絵を山下佐知子第一生命監督が優しく迎えた!4位以下8位までは次の様になった、2°26′53″でセレナ・ブルラ(アメリカ)が4位に、2°28′36″でシタナ・ハブテゲブレル(バーレーン)が5位に、2°28′44″で竹中理沙(資生堂)が6位に、2°29′37″でイオナ・バーナルデッリ(ポーランド)が7位に、2°30′38″でムルハブト・ツェガ(エチオピア)が8位に入った!中盤まで先頭を引っ張った九電工の加藤岬は2°31′28″で10位に終わった!・・・

今日、東京辰巳国際水泳場で開催された東京都水泳選手権最終日で、世界新記録が生まれた! 男子平泳ぎ200m決勝に進出した渡辺一平(いっぺい、19歳、早大2年生、身長193cm)が、山口観弘(あきひろ、22歳、東洋大、鹿児島・志布志市出身)が2012年9月に記録した当時の世界記録2′07″01を0秒34更新する世界新記録2′06″67を樹立したのだ!ヽ(^。^)ノバンザ~~~い!凄い・・・

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稀勢の里の第72代横綱昇進... | トップ | 実家の解体を目指して多忙な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。