あれは,あれで良いのかなPART2

世の中の様々なニュースをばっさり斬ってみます。
ブログ界の「おか上彰」を目指し、サボりながらも頑張ります!

民主党圧勝で政権交代へ!されど「新型インフルエンザ型」選挙か?

2009年08月31日 23時24分41秒 | 政治・選挙
衆議院議員総選挙では,民主党は308議席を取得し,単独過半数となったことで与党第一党となりました。一方,自民党は119議席と自民党結党以来最低議席となり,野党第一党となりました。これにより,政権交代が実現しました。

480全議席が確定(読売新聞) - goo ニュース

有権者は政策で民主党を選択したか?

まず,議席数の最終結果は次のとおりです。
 自民:119(-181)
 民主:308(+193)
 公明:21(-10)
 共産:9(±0)
 社民:7(±0)
 みんな:5(+1)
 国民:3(-4)
 日本:1(+1)
 大地:1(±0)


民主党は,単独で3分の2以上の議席こそ獲得できませんでしたが,それでもいわゆる野党連合になれば3分の2以上となりますので,仮に来年の参議院議員選挙で大敗したとしても,次の選挙までは基本的には再議決により議決を通すことができるようになります。まさに,これまでの自公政権と同じことができるようになります。そこまでやらなくとも,今の参議院は基本的に民主党が実権を持っているため,これによりねじれが解消し,法案が通過しやすくなるはずです。

さて,今回,自民党と公明党は,一気に191議席を失うという歴史的大敗を期することになりました。特に,現役閣僚や党幹部等が相次いで落選するなど,これまでの選挙ではあり得ない状況となりました。それだけ民主党の風は強かったということになります。
なぜでしょうか?

まず,自民公明という与党が惨敗したポイントは次の点にあると思います。
1 この4年間の自公政権がやってきたことに対し,完全に不信感を抱いた(年金問題,雇用問題,消費税増税問題など。)
2 絶対的な政治不信(政治と金,世襲問題,議員不祥事や傲慢な対応など)
3 士農工商システムの機能麻痺(地方議会,特定郵便局,農村部,土建業,商工業という自民党の絶対基盤が完全に崩壊した。)
4 公明党の支持基盤たる宗教団体の支持者の多くは,「基本的に庶民」であり,不景気の波をもろにくらっていること(したがって,必ずしも与党公明党に投票するとは限らない。)
5 大企業を優遇し,弱者をないがしろにしてきたことに対する怒り(投票率上昇は,まさに「非組織票」たる一般庶民票が増えたといえる。ブルジョアより一般庶民の方が人数は多い。)
6 総じて,「組織選挙」に甘んじてきたことに対するツケ(日ごろの政治活動がものをいうようになってきた。組織選挙システムはもはや昭和の遺産となった。)


逆に民主党が圧勝したポイントは次の点にあると思います。
1 「政権交代」のワンフレーズ選挙に徹した(4年前の郵政民営化選挙の手法を活用した。最近の有権者はワンフレーズに弱い。)。
2 拒絶した自民公明の受け皿として,野党第一党であった民主党を単純に選択した(消極的選択)。
3 マスコミの連日の報道に更に煽られた(以前はマスコミのあおり報道は裏目に出るといわれたが,最近は,有権者は単純にマスコミ報道に乗っかりやすい傾向にある。)。
4 日ごろからの政治活動(駅前演説,ビラ配り,無党派層を対象にした政策説明会などを丹念に実施している人が多い。)。


以上になると言えます。ここで注意したい点は,「有権者の多くは,必ずしも民主党の政策を積極的に支援しているわけではない」という点です。いわば,残念ながら,「政策選挙」とはならず,「ネガティブ選挙」または「インフルエンス選挙」であったといえます。そのことは,出口調査などで,「今の政治にNOと言いたかったが,他に投票する人もいない。」とか「民主党の政策は財政面に不安があるが,今の無駄遣い予算よりはまし」,さらには「外交政策に限れば,民主党では正直不安」などという意見が多かった点からも伺えます。
また,マニフェスト選挙といいながら,各党の政策をしっかり吟味して投票した人がどのくらいいるでしょうか?そもそも,全党のマニフェストを入手できた人はどのくらいいるでしょうか?公職選挙法の枠内とはいえ,各党の政策の違いについて分かりやすく説明したマスコミ報道はどのくらいあり,その視聴率はどの程度だったでしょうか?単純に「勝ち負け報道」とどっちの印象が残っているでしょうか?
そう考えると,この選挙は,4年前の選挙や一昨年の参議院議員選挙同様,「空気で投票」してしまった有権者が多かったのではないでしょうか。
いわば「新型インフルエンザ型選挙」といえます。

とはいえ,新型インフルエンザ型選挙は必ずしも全否定しません。少なくとも,「現政権は退場してください」という国民の意思であること,平たく言えば,「国民が合法的に革命を起こした」といえるからです。

問題はここからです。国民の革命により,民主党政権が発足しましたが,新型インフルエンザ型選挙はもうしばらく続くと思われますから,民主党が国民の声を政治に確実に反映させなければ,どんな理由があるにせよ,「仕方がない」という評価はせず,次の選挙では,またも「より戻し」という結果になり得ます。そうすると,現状の政党システムをベースにすると,必然的により戻し票のほとんどは自民党に流れることになります。
この後別に書きますが,民主党には結構多くのアキレス腱がありますが,いずれにせよ,4年前の自民党のように新人議員が浮き足立ったり,民意を完全に得ているという大義名分においてなんでもありみたいな採決をするなどということのないよう,国民生活を第一に考えた政権運営を行ってほしいものです。
繰り返しますが,国民への「言い訳」はもはや通用しません。新型インフルエンザ型選挙の恐ろしさを肝に銘じてほしいと思います。

一方,私たち有権者も,決して風だけで投票しないよう,これから民主党を初めとする各党がどのような仕事をしているのか,しっかりと監視する必要があります。風だけではなく,NOという結果を突きつける場合には,「であれば,どこの政党や政治家が一生懸命やってきたのか」という日ごろの活動も十分に評価するべきでしょう。それが「政治に参加する」ということなのです。
政治参加を他人事にしないこと,これがこれからの時代を生き抜く絶対条件といえるでしょう。政治に興味を持たない他力本願な生活には,基本的に政治は救済の手を差し出さないでしょう。

よろしければ1クリックお願いしますm(__)m人気blogランキングへ

TB先一覧
http://omegatribe1964.blog69.fc2.com/blog-entry-768.html
http://blog.goo.ne.jp/stardustkid0627/e/1d16d40ae1014a2e7f472beb470a659b
http://blog.goo.ne.jp/danna_stable/e/bf186e43ab7b487ba45a65ea074dbc77
http://bbrsun.blog.eonet.jp/bbr/2009/08/post-8c39.html
http://blog.goo.ne.jp/ms1229jp/e/2c676ee459cd2175d5273803a29e395e
http://cw0609.blog17.fc2.com/blog-entry-1178.html
http://a007.fruitblog.net/?4a9a887450038
http://zara1.seesaa.net/article/126846380.html
http://blog.goo.ne.jp/datian17town/e/d4fe89e20e55acacd572d44edbcd96e5
http://blog.goo.ne.jp/tenjin95/e/50c814955d2be2455ffeec46a9be5f47
http://shadow9.seesaa.net/article/126841871.html
http://blog.goo.ne.jp/sunafukin-0101/e/1db8a30278f79d99d4b470c118d80411
http://blog.goo.ne.jp/hiroharikun/e/a6ac4f2a43daec1d2f9aa4f7c8db5f43
http://imprezza-inada-1973.seesaa.net/article/126845843.html
http://tetorayade.exblog.jp/11833574/
http://blog.livedoor.jp/masa19681209/archives/51557096.html
http://zara1.seesaa.net/article/126928405.html
http://blog.goo.ne.jp/itchy1976/e/3669f25a12798cc880b6a2df5448867b
http://plaza.rakuten.co.jp/macca/diary/200908310000/
http://blog.goo.ne.jp/bobkichi87/e/9834b99d729f66656ea1e635849c8108
http://kyotofan.net/blog/2009/0831
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハワイから帰ってきました | トップ | 民主党政権のアキレス腱 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
4年前もそうですけど (てるりん)
2009-09-01 10:52:26
インフルエンザの消毒液、子供たちが率先として、やっていた気がしますが・・・(^^;

自民=郵政民営化は、予測どおりの悪い方向に行ってしまってますね(^^;;
民主=高速道路無料化に関しては個人的には反対ですが(デメリットのほうが大きいと思う)、今までの与党の方針、今の生活が良いか良くないかの判断だったかな?って思いました。

あとは、新党?(下4つ)の議席がもう少し増えたら面白いなと思ってましたが、それはかないませんでしたね?ただそれぞれの立役者はいるので、どれだけ活躍されるかを期待したいものです。
てるりんさま,コメントありがとうございました (おかにゃん)
2009-09-01 19:17:04
こんばんは。
郵政民営化については未だに賛否ありますが,それ以外の部分で傍若無人に振る舞ったところが,今回有権者に嫌われたところだと思います。
民主党の政策も,100%完璧だとは全く思いませんが,まずは「国民本位でちゃんとやれるか」っていう点を見極めたいなあと思います。
下4つの党,連立政権に参加するようですが,民主党の援護射撃もすれば,民主党に反旗を翻すこともあるため,まさに「両刃の剣」になりそうですね。
白紙委任 (九龍)
2009-09-06 22:47:28
今回の選挙は、結局「政権選択」というマスコミのあおりで、自民か民主かという投票以外、ほとんどないような誘導が行われていた事が問題のように感じます。

政策で選んだと言うよりも、自民党政権を壊すためだけの選挙だったような。

おそらく3,4ヶ月後に
白紙委任をしたわけではないという論調の番組が増えるのではないかと予想しています。
九龍さま,コメントありがとうございました (おかにゃん)
2009-09-07 00:51:21
こんばんは。
おっしゃるとおり,4年前の選挙が「郵政民営化賛成か否か」だけを争点のようにさせてしまったように,今回も「自民党政権かそれとも民主党政権か」という点だけが争点となった選挙になってしまった感じはします。
ただ,大切なのは,「これからの実績」にあります。自民,公明以外の野党(与党?)については,ここで自分たちの存在をしっかりアピールすることで,「民主党だけが選択肢ではない」っていうことを実績で示すべきでしょうね。
Unknown (回顧者)
2013-05-10 05:02:33
こんちゃ(笑)。
やれ「国民の怒り」だの「政治不信」だの、振り返ってみると、そんな大層なものじゃなかったんじゃないでしょうか。マスコミが煽っただけ。煽られて、何か凄い問題があるように馬鹿な有権者が勘違いしただけ。
少し考えれば、いや考える以前に民主党がクズの集まりである事は判った筈。

またぞろ、マスコミが「叩けアベシンゾー」キャンペーンを展開しようと画策中。またまた馬鹿有権者が浮かれ踊りをおどるんでしょうね。
回顧者さま,コメントありがとうございました (おかにゃん)
2013-05-15 23:35:22
こんばんは。
自分で書きながらなんですが(笑),言ったとおりの展開になっていましたねwww。
今回の参院選,まだまだアベノミクスちやほや状態ですが,一方で,ネガティブキャンペーンを繰り広げてるマスコミもあります。
さて,有権者は政策を見て選挙をするか,ブームに乗るか,はたまたどうでもいいやと言って選挙に行かないか,どれを選択するでしょうかねえ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
第45回衆議院議員選挙 (SCRAMBLE-8)
自民党大敗北…政権交代へ 自民、結党以来の大敗北…政権交代へ自民党は1955年の結党以来、初めて衆院の第1党から転落し、政権の座も失うことになる見通しだ。歴史的な大敗からの立て直しが課題となるが、議席を失った有力者も多く、壊滅的な打撃を受けた党勢の回復...
実現した政権交代 (かきなぐりプレス)
「政権交代」のワンフレーズ・ポリティック効果で民主党が圧勝した。これは、前回の郵政解散選挙の「郵政民営化」を再現しているかのようだ。 出口調査ですでに民主党が過半数を獲得しているのだが、自民党の大物議員がボコボコ落選しているのが今回の総選挙の最大の特...
★2009年政権交代選挙・・・戦い済んで日が暮れて (スナフキン・レポート♪)
テンプレ替えました。夕暮れ時のトンボ・・・選挙結果と同じ?何だかあまりに寂しいのでそして・・・政権交代・・・戦い済んで日が暮れて大物落選議員さんの一覧です。 【 自民】海部俊樹元首相山崎拓元党副総裁笹川堯党総務会長中川昭一元財務・金融相堀内光雄元...
選挙速報 開票結果 政権交代へ!! (つらつら日暮らし)
選挙速報ですが、各報道機関の情報を合わせると、政権交代確実へ。
開票速報、民主党の圧勝が確実に (だんなの馬房)
民主圧勝の勢い、自民歴史的大敗の公算…出口調査(読売新聞) - goo ニュース 第45回衆議院議員総選挙、開票開始から1時間半足らずの午後9時20分。 マスコミ各社の開票速報によれば、民主党が圧勝し政権交代が実現する見通しとのこと。  NHK: 自公53議席 ...
[総選挙]政権シャッフルへの道?(つづき) (BBRの雑記帳)
さて、本日は午後から用事があって外出していたため、投票終了して早速の早駆け報道の
与党民主党始動 動画あり (zara's voice recorder)
選挙:衆院選 民主308議席 鳩山政権へ始動 連立具体化へ調整 民主党の鳩山由紀夫代表は31日午後、党本部で小沢一郎代表代行や岡田克也幹事長らを集めて幹部会を開き、鳩山政権始動に向けた作業を本格化させる。鳩山氏は同日午前、東京都大田区の自宅での報道各社の...
政権交代実現! (王様の耳はロバの耳)
480全議席が確定(読売新聞) - goo ニュース 衆議院総選挙の結果480議席が決まりました。 念のためと思って朝5時半に買ってきた朝刊の中で産経は民主304と報じています。確定版でなかったのでしょうかね? {/face_ase1/} 民主党308自民党119が確定の議席...
衆院選 民主党が圧勝となりそうだが…… (CW馬なりにて歩む)
衆院選が行われましたが、民主党が圧勝する勢いとなってます。 前回の郵政選挙で風を吹かせた自民党が圧勝。 そして今回は改革という名の...
政権交代 総理大臣 (youtube最新動画ニュース記事)
政権交代商品価格:1,300円レビュー平均:3.0 民主党圧勝で政権交代へ!されど「新型インフルエンザ型」選挙か ...世の中の様々なニュースをばっさり斬ってみます。 ライブドアブログから引っ越して心機一転頑張ります!(続きを読む) ちょっとしたこと: 政権交代政権交...
<衆院選>民主300議席超へ 政権交代が確実に (itchy1976の日記)
<衆院選>民主300議席超へ 政権交代が確実に 第45回衆院選は30日投票され、同日午後8時、投票が締め切られた。即日開票され、31日未明には新たな議席が確定する見通し。毎日新聞が全国300小選挙区の投票所で実施した出口調査によると、民主党が圧倒的に優...
1621:総選挙、民主党が単独で300を超える議席を獲得、政権交代へ (今日の私感neo)
第1620回。今日は…夕方に時間がないので、夜中のうちに更新しておきます。 ・総選挙…民主党が単独で300を超える議席を獲得、政権交代へ の一本でいきます。
総選挙2009 民主党が300議席超え、自民は歴史的大惨敗 (日刊魔胃蹴)
第45回衆議院議員総選挙は、30日に投票&即日開票が行われました。自公連立の継続VS民主党の政権交代で注目を集めた今回の総選挙ですが、民主党が300議席を超える歴史的大勝利。自民党は大物議員が小選挙区で民主候補に敗れ、比例復活という例が相次ぎ、小泉チルドレン...
衆議院議員総選挙、民主党が圧勝、自民党が歴史的な惨敗、いよいよ政権交代へ。 (思いつくまま)
8月30日に行われた衆議院議員総選挙、民主党が300議席を超える圧勝、自民党は歴史的な惨敗だった。 愛知選挙区では、{/m_0125/}{/m_0129/}の選挙区すべてで民主党の候補が当選。 元首相を務めた海部俊樹氏、落選が決まった。 大村秀章氏も接戦だったけど落選(比例...
自民党、結党以来の歴史的惨敗で鳩山政権誕生へ! (KINTYRE’SDIARY)
与党幹部軒並み落選! 政党名民主自民公明共産社民みんな国民日本改革諸派無所属公示前1153003197440116当選3081192197531016ある程度予想されていたとは言え、ここまでの惨敗とは!衆院選で民主党は300議席を超え308議席を獲得、自・公連立政権は自民...
福田衣里子議員の似顔絵。 (「ボブ吉」デビューへの道。)
第45回衆院選は、民主党が308議席を獲得し圧勝、 政権交代、民主党・鳩山首相が誕生しますね。 ただ、前回の郵政選挙もそうでしたが、 「圧勝」って、ちょっと怖いですよね。ビビりますよね? 何もそこまで勝たなくても・・って思ってしまいます(笑) でも自分も票を投...
2009年衆議院選挙は民主党の圧勝!自民・公明は惨敗 (ボヘミアンな京都住まい)
憲法学をかじった人なら八月革命説(by宮沢俊義・丸山眞男)のことはご存知かと思いますが、今回の選挙結果はさしずめ平成の“八月革命”と呼んでも差し支えないかもしれません。 ※Yahoo!みんなの政治:衆議院選挙2009 自民党の惨敗はともかく公明党の小選挙区全敗ま...