シングル女性のセカンドライフ設計

低収入シングル女性のセカンドライフを考えます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

昨日の

2013年11月19日 | セカンドライフ
あさイチの特集は、女のポジティブひとり死。

家族がいるいないにかかわらず、ひとりで迎える死に対して
しっかりと準備しておきましょう、という話題でした。

ゲストのリリコさんは、数年前から毎年遺言書を書き換えるなど、
遠く離れる家族や友人たちに意志が伝えられるように準備
しているそうです。

番組では40代から準備を始めるべき、としていました。
自分がどこで死を迎えたいのか、それによって必要なお金が変わってくる。
もしも施設などに入居したいと考えるなら、2〜3000万円というお金が
必要になるかもしれないので、40代のうちからしっかりと計画しておかなければ
いけない、と。
もちろん、自宅で最期を迎えたいのならば、それほどの大金は必要ない、
としていました。

ワタシは、なるべく自分の家で暮らしたいと思っていますが、
やはり最後は施設に入居することになると思います。
もしかしたらもっと早い段階で入居することを選ぶかもしれません。

その時のためのお金は、401kで準備していくつもり。

老後の生活費を、公的年金と国民年金基金で賄い、
高齢者施設の入居費は、401k、
その他の資産運用で、住宅購入資金を準備していきたいと考えています。

その中でも優先順位は、一番が老後資金です。
だからまず、公的年金と国民年金基金の納付予定額を確保し、
その後、住宅資金をコツコツと増やしていければ、と考えています。

今のところ、質素な生活を続ければ、公的年金と国民年金基金だけでも
生活できると思っていますが、
不安材料は、国民年金基金には物価スライドがないこと、
80歳以降、受給額が月額3万円減額になること、です。

でも、住宅が購入できた場合は、その分生活費が減るだろうし、
もし購入しない場合は、余裕資金が増えるので、生活費の補てんができる。
ということで、ワタシの老後資金は、問題ないかな、と思っています。

お金の問題はないにしても、一人で迎える老後には、
さまざまな心配事があります。

番組内でエンディングノートの作成を薦めていましたが、
残された人が困らないように、残しておくことは必要ですよね。

ワタシは、とりあえずお金に関することに関してだけ、家族にわかるように
残してあります。
口座番号やパスワード、処理の仕方などを細かく書きました。
書いてあっても、ちゃんと処理してもらえるかどうか心配ではありますが。

視聴者からのFAXで、葬儀等に必要なお金を現金で用意してある、
とありましたが、これはいいかも知れません。
葬式代としてはもちろんのこと、突然入院することになった場合などにも
便利でしょうし。
毎月医療費として1万円ずつ積み立てていますが、10万円貯まったら
現金にして用意しておこうかな。
最終的に3〜40万円くらい用意しておけばいいでしょうか?

エンディングノートって、思い出とか残した人へのメッセージとかを
書いたりするらしく、そういうのはあまり気が進まないのですが、
事務的な必要最低限なことについては、もう少し詳しく考えていった方が
いいかもしれません。
コメント

昨日

2013年11月12日 | セカンドライフ
買い増しした某個別、今日は大幅反発!
いぇい!!

今後また下がる可能性はありますが、とりあえず昨日買ったのは
良かったと思えるのでOKです。

しかしこれですっかり余力がなくなってしまいました。
でも、ここんとこ特にファンドの買い付けもしてないし、
このくらい買った方がいいのですけどね。
お金の使い過ぎで余裕がありませんでした。

でも思うんです。
早期リタイアを目指してたけど、
実際に実行されてる方やそれに向けて資産運用してる方って
お金を使わないことにばかり気を使っている人が多い。

もちろん使えるお金には限りがあるし、ワタシ自身もしっかり
節約できるところはしています。
無駄なお金はできれば1円だって出したくない!

それでも仕事をしないことを最優先にした結果、
お金を使わないことばかりに気を配る生活はワタシには
窮屈すぎる。
ある程度生活に余裕がないと、心まで窮屈になってしまう。

1年でも2年でも余計に働くことで資金に余裕ができ、
生活を潤すお金が生まれるなら、ワタシにはその方が向いていると
思うようになりました。

老後のことばかりを考えて、今の生活を蔑にするのも
もったいないことです。

よく言うことですが、残りの人生で食事する回数はあと何回?
実はそんなにたくさんあるわけじゃないんですよね。
毎日の食事をそこまで重視するのは難しいけれど、
せめて外出した時、誰かと食事をした時くらい、
値段じゃなくおいしいと思うものを食べるようにしたい。

安い方でいいや、とか安いから、を選択の基準にするのは
嫌だなーって思うようになりました。

贅沢第一!というわけではないので、価格の優先度はもちろん
上位にはなるのですが、質と価格の両方をしっかりと見極める目を
持ちたいと思います。

コメント

またまた

2013年11月07日 | セカンドライフ
気になっていた医療保険。
ちょうど保険に関する本の予約が回ってきたので、
読んでいました。

本の内容は扶養家族を持つ世帯主向けにかかれたものなので、
ワタシの立場に当てはまる内容はあまりなかったのですが、
やはり独身ならば加入の必要はなし、不安ならば加入もあり、
という感じかな。

今まで何度も検討した結果、保険は必要なし、と結論付けてきました。

もちろん死亡保障は全く必要ありません。
ですが、医療保険と所得補償保険に関してはあってもいいのかな?
という思いが何度となく湧いてくるのです。

ワタシが所属している会社は社会保険に未加入なので、国民健康保険です。
グループ会社では加入している会社もあるので、ワタシもそちらの所属に
なることは可能なのですが、国民年金基金や401kをたっぷり掛けたい、
国民年金保険料分を給与に上乗せしてもらっている、
会社を早期リタイヤ、もしくはクビになる可能性がある、
との理由からあえて社会保険に加入しないことを選択しています。

なので、社会保険では保障される傷病手当金がもらえません。
仕事を休むことになった場合、収入ゼロ。
貯蓄は確保していますが、その分の貯蓄が減るということは
老後資金の減少につながります。
医療費だって同じこと。

老後資金、さらに年金受給までの資金がしっかりと確保されていれば
早期リタイアももくろんでいます。
ですが、少なくともあと10年は必要だろうし、
それまでは病気になった時のリスクは結構高い。

60歳以降になれば、401kの受給を受けらますし、
ある程度ほかの貯蓄も増えているはず。
最長60歳までの補償が受けられれば、問題ないのかなという思いはありますが、
それまでは保険に加入してリスクヘッジするのもありかな、と
思い始めました。

ただ所得補償保険は、働けなくなってから90〜180日は保険金をもらえない、
などの制約があります。
はたしてここまで長期間働けなくなることってあるのかなー?

医療保険は60歳まで県民共済に入る、っていうのもいいかな、と思っています。
もしくは終身医療保険に、払込期間を終身にするとか。

ちょっと考えてみます。
コメント

お手本

2013年11月01日 | セカンドライフ
ワタシより少し上の世代、50代、60代の方のブログを
読むのも好きです。

しっかりと自分なりのおしゃれを確立し、
自分の審美眼で選らんだアイテムをきちんとお手入れし、
長い間大切にして、身に着けている。

そんな姿をお手本にしています。

そういった方のほとんどが大変裕福な奥様のようですが、
モノを選ぶ際のシビアな目、ワタシも見習いたいものです。

高い安いではなく、自分に必要なものをしっかりと見極めていくことは
お金のあるなしに関係なく大切なこと。
むしろ少ない予算だからこそ、必要なんだと思います。

安いから買う。
これ安かったの!が一番に出てくるようなお買いものは
してはいけないなーと思います。

これすごく素敵なの!しかもお値段もお手頃!!が一番ですが、
多少高くても真剣に選んでこれだ!と思えたものなら、きっと長い間
大切にしていって、お値段以上の価値を生んでくれると思います。

きっとそういう人の方がお金の使い方は上手なはず。
お金の貯まる買い物の仕方なんじゃないかな、って思っています。

ワタシはまだまだ失敗ばかりですが、
素敵な先輩方のブログをお手本にして少しずつ勉強していきます。
コメント

またまた

2013年10月29日 | セカンドライフ
定期的にやってくる医療保険加入の不安。

先日、去年亡くなった金子哲雄さんの本を読みました。
肺カルチノイドと診断され、1年数か月後に
41歳の若さで亡くなった流通評論家の金子さん。

本の内容は置いておいて、この方、職業柄お金の使い方には
とてもシビアだったと思いますが、医療保険に加入されていました。

お金に詳しい評論家の方も加入されていたのかー、と。

実は、金子さんは4人兄弟だったそうですが、
他の3人のご兄弟はみなさん小学生までに亡くなっていたそうです。
ご自分も何かの病気になるのではという不安と闘っていたでしょうから、
医療保険にも加入されていたのかもしれません。

またファイナンシャルプランナーの横山光昭さんも医療保険に加入している
そうです。
この方はお子さんが5人?もいらっしゃるので、それが理由かもしれませんが。

独身の場合、保険は必要ない!と言われますし、
今まで何度も検討した結果、やはり必要ない、と結論を出してきました。

しかし、ここ最近あちこちに感じる老化現象、台風や竜巻による災害、
そういうことを考えると、一人で暮らす老後に不安を覚え、
いざというとき保険があれば助かるのでは?という思いが再び芽生えました。

最近母の友人がガンで手術入院したのですが、治療費が15万円程だったそうです。
医療保険に加入されていたそうですが、その際に支払わせた保険金が
なんと200万以上だったそう!
今後も3か月おきに入院する予定だそうで、その際にも保険金は支払われる
そうです。

うーーーん。
治療費が15万なら、保険に入る必要はないし、
200万ももらえるなら、入ったほうがいい?という気もするし。
いやいや、そもそも今まで保険料を支払ってきただけじゃん!と思い直したり。

また少し検討してみるかな。
コメント

なんだか

2013年09月30日 | セカンドライフ
身につまされました。

某ブログを拝見したのですが、自営業を廃業し、就職活動をしていた
50代男性。
パートの仕事にすら就けず、貯金を切り崩す生活を送っている。
なんとか収入を得ようとネットでこずかい稼ぎをしている模様。

ワタシも今の仕事を失ったら、再就職は難しいと思います。
今でも十分安いお給料だけど、さらに安くなるでしょう。
生活するだけでいっぱいいっぱいになるだろうと思います。

そしてこのヤクザ会社ではいつクビになるかという不安と闘いながら
働いています。

今は無駄遣いをせず、せっせとお金を貯めて行かなくては。
そしていざというときにどうやって収入を得られるか、考えておくことも
必要なのかも。
今は何も思いつかないけど、副業になるようなもの、ないだろうか?

とにかく今は、いつ仕事を失ってもいいくらいのお金を貯めることを
目標にコツコツ頑張る!

自分の家を持ちたい!という夢は抱き続けていますが、
某ブロガーさんのように持家が負担になることもあるのです。
家があるせいで、水道光熱費は高くなり、固定資産税や修繕費もかかる。
しかし売ることもできず、にっちもさっちもいかないなんてことも。

今の資産額はアベノミクスのおかげで当面の目標額には達しています。
今後はそれを確保しつつ、さらに住宅資金を貯めていく予定。
ローンを組むのは嫌だし、無理なので、しっかり資金を確保してから
購入すると思います。

がんばろーーー!!!




コメント

今朝は

2013年09月27日 | セカンドライフ
いつもより起きるのが遅くなってしまい、筋トレを端折りました。
ま、筋トレは毎日やらない方がいいのだからOKとしましょ。

ちなみに-1.5kgでした。

今日は先日GAPで買ったスキニーデニムを履いてきました。
ぴったりだけど、ウエストの上にお肉が乗ります…
これがなくなる日って来るのでしょうか??

コメント

毎日

2013年09月19日 | セカンドライフ
不動産情報をチェックしてます。

マンション、戸建、古屋付き土地などチェックしてますが、
その日によってどんな家に住みたいのかが変わってます。

今はマンション。
ここ最近の台風や竜巻、大雨などの災害を見ていると、
やはりしっかりした作りのマンションが安心なのではないか?と。

ところで、少子化で人口が減っている日本ですが、
相変わらずマンションはどんどん建設されていますね。

現在1億2000万人の人口が20年後には2000万人も減るそうです。
それなのに、こんなにたくさんのマンションが建てられて、
住む人はいるのでしょうか?

どう考えても供給過多。
20年後、さらに余っていくでしょう。
そう考えると今不動産を買うのはどうなのかなーという気がしてならないです。

住む場所って、損得だけでは測れない思いもありますが、
現実問題、人生で最もの大きな買い物なわけだし、
もっと先の人生で、そこを売却し、介護施設などへ入居することも視野に入れると、
資産価値が大きく目減りしてしまっては困るわけで。

そういう意味でも資産価値の減少が少ない不動産の購入、
またそれらの物件をなるべく安く手に入れることが大切だと思っています。

いつ買えばいいのか?と考えると、60歳前後が一番いいと思っています。
リタイア後、401kが受給できる年齢になってから購入すれば、
ある程度の価格であっても現金一括払いが可能だし、
その後の生活費も不安はないのかな?と思っています。
ただ今現在もほしい気持ちはあるので、どうなるかはわかりませんけど。

会社の30歳の男性がマンションを購入したらしい。
結婚して子供が一人いるのですが、ヤクザ会社のお給料でよくローンが組めたな、
と思うような立派なマンション。
ま、彼は会社外でもかなり稼いでいるようなので、そのおかげかもしれませんが。
ただ、30歳で35年ローンで買うのってどうなのかなーと思ったり。
ローンが終わった時には65歳で、築35年のマンションかー。
まあ、今の構造なら6O年くらいは持つでしょうから、ボロボロのマンションには
なるかもしれないけれど、それでもOKならいいのかな?

ワタシは年齢的にも年収的にもローンを組むのが難しいし、
実際利息を払うのがものすごくもったいないと思っているので、
コツコツお金を貯めていくか、今買うなら築年数の古いマンションしか無理です。
古いマンションを買ったところで、一生そこで暮らすのは難しいし、
リノベーション費用や建て替え問題などを考えると、やはり築浅が買える資金を
コツコツためていくのがいいのかなーと思います。
供給過多によるマンション価格の下落もあるかもしれませんし。

コメント

休みになると

2013年09月17日 | セカンドライフ
3連休中、食料品の買い出し以外はずっと家にいたので、
リタイア後はこういう生活を送るのかな、と思いながら
過ごしていました。

朝、ストレッチとエクササイズをして、
パンケーキを焼いておいしい朝食をいただく。

家事を済まし、お昼寝して、昼食の準備。
軽く昼食を済まして、読書タイム。

夕方、お買いものに行って、夕食の準備。

TVを見ながら、ストレッチとエクササイズをして、
シャワーを浴びて就寝。

なんでもない一日ですが、こういう一日が私にとって幸せなんです。

心に余裕を持たせるためには、お金にも余裕が必要だと
思っていますが、早くそうなるために、
頑張って資産運用していこう。
コメント

儚く

2013年08月21日 | セカンドライフ
消え散ってしまいました。

実は、すごくいい物件を見つけまして。
毎日不動産の物件チェックをしていたんですけど、
すごい掘り出し物を見つけたのです。

多少訳ありだったため、悩んでたのですが、将来的に住みたい地域だったため、
思い切って問い合わせをしました。
が、あいにく定休日…
2日間待って、今日もう一度電話をしたら、すでに契約予定とのことでした…

その物件ならローンを組まずに購入できそうだったこともメリットでした。
ただ、今よりも不便になるため、ワタシがそこですぐに暮らすのは
ちょっと難しそうだったのですけど。
両親に住んでもらうか、賃貸に出すか…なんてことも考えてました

あー残念。
この3日間、そこでの暮らしを想像していたため、かなりショックです。

でも仕方がない。
これでまたしばらく投資に励むことになりそうです!

コメント