岡本博文ギター教室ブログ 生徒諸君!

プロギタリストのリアルな経験談、本音、普段教室で語れない大事なこと伝えています。過去の日記もどうぞ、ご覧下さい。

ギタリストよ!もっと右手を振ろう!『ファンク野郎』終了

2017-06-19 08:16:27 | Weblog

昨日、京都RAG音楽義塾のイベント『ファンク野郎』終わりました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

要するに、このイベントは、「もっと右手を振って、リズムを刻もうよ!」
というイベントなんです。

世の中のギタリストは、バンドを組んでない限り、
右手をずっと同じリズムで動かし続ける場が、少なすぎる。

また、多くに社会人ギタリストが、家の中でしか、音楽をしていない状況も
これまた、いかがなものかと思います。
音楽は、コミュニティーがあって、発展していくものですから。
SNSも良いけど、一緒に音を出してなんぼではないか?と僕は思うのです。

*******
僕は、ジャズやロック、あらゆるエスニックな音楽ジャンルに関わらず、
ギタリストなら、ファンク=ギターと言われるものを体験したほうが良いと思います。

ジャズギタリストは、コードワークを人に合わせて練習することが、
大変マニアックな話になるか、普段、まったく無頓着になる傾向があります。

*******
ロックのギタリストは、裏拍の微妙な遅れ方(跳ね方)について、
ずいぶん経験を積むまで、無頓着になりがち。

特に、高校生ぐらいの年齢で、ドラマーが意識が高く、
ドラマー自身のグルーヴについて、高いレベルに達している場合が多いので、
同年代のギタリストは、彼らに比べて、バンドの中で、どこか、浮いてしまうことが
ありがちだと、最近特に感じています。

ロックの基本が8ビートであっても、16ビートの音楽が中心に
世の中が動いている中で、早弾きに意識を向けることが多く、
ソロのリズムがバンドと融合しないので、やはり上滑りになり、
リズム=セクションの力をソロが活用しないので、
音色が汚く聞こえる、という部分もあると思うのです。

********
世の中、コンピューターによるR&Bのチャートが
席巻するなか、それでも、ファンキーな音楽の中で、
リズムをライブで生き生きさせるために、
ギタリストがリズムを刻むのは、
すごく大事だと思います。

********
実際、「打ち込み」と言われる
コンピューター音楽の中で、
シンセで再現が難しいものの代表が
ギターのカッティングなんです。

高いソフトを揃えれば、それでも、
出来るようになってきましたが、
「これだったら、一生懸命ギターを練習したほうが
早いよね」というのが、本音です。

********
昨日は、ご参加の皆さま、お疲れ様でした。
最初「複数ギタリストのリズムのチームの組み方」を
研究しようから始まった、
「ファンク野郎」は、リズムセクションを加えて、
新しい段階に入りました。

私は、ファンクの専門家ではありませんし、
自分自身、得意なほうだとは、思っていませんが、
こういう場を設けることが、今後もローカルなシーンの中で
大変必要で、そういう場を設ける言い出しっぺにならなければと
思います。

*********
今回は、RAGの所属ミュージシャンの安達久美(ギター)さんの
コミュニティー、お友達がたくさん参加され、岡本門下生からも
何人か参加いただき、楽しい時間でした。

岡本教室の皆さんも、時間の余裕があれば、
参加いただいて、まず、友達の輪に入っていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

岡本個人レッスン
http://hirofumiokamoto.com/




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音作りをスタジオでやる時に... | トップ | コードのバリエーションを知... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む