岡本博文ギター教室ブログ 生徒諸君!

プロギタリストのリアルな経験談、本音、普段教室で語れない大事なこと伝えています。過去の日記もどうぞ、ご覧下さい。

音楽家に他力本願は似合わないと思う

2017-03-09 06:03:40 | Weblog
音楽家に他力本願は似合わないと思います。僕は、 他力本願という言葉は、本当は、仏教的には、深い意味があって、一般的に使われる「人に頼って生きる」という部分では、消極的な考え方だと思います。音楽家には、目に見えにくい消極的考え方は、大変危険だと僕は思う。「私、他力本願なんですよね」 「なんや、じゃまくさいな」自分のやりたいことは、自分で見つける、自分で実現する、という癖が、ミュー . . . 本文を読む

パンクは下手でいいのか?

2017-03-09 05:51:25 | Weblog
昔、AN ミュージックスクールで教えた頃のように、 最近、あれこれ若い人との交流もありまして。いろんな話を聞くようになりました。「私パンクだから」=「下手でいいんです」「上手くなっちゃいけない」僕は、これは既に何十年前に終わった古い考え方だと思います。本当の下手なら、身内が集まって「良かったよ」というだけの音楽になると思います。よくヘタウマと言いますが、それは上手いんだと思います。説得力 . . . 本文を読む

2月の夜学。ダイジェストをアップしました

2017-03-06 15:40:36 | Weblog
2月の夜学。ダイジェストをアップしました。よかったらご覧ください。https://www.youtube.com/watch?v=SQOVM8ubb5g . . . 本文を読む

動画をアップしました

2017-03-06 15:29:55 | Weblog
京都RAG音楽義塾の夜学。C jam bluesを題材に、道場形式で、続けています。今度、ちょっと話しをする内容を動画にしてみました。申し込みは、以下からhttps://rag-gijuku.kyoto/yagaku/動画のURLは、以下。https://youtu.be/KqXRJanLGIA  . . . 本文を読む

夜学はC jam blues

2017-02-23 07:39:42 | Weblog
昨日は、京都RAG音楽義塾の夜学。岡本博文の日でした。 レベルや進度の違う人も、復習やセッションをしながら、一緒に少しづつ進んでいきます。課題は『C Jam Blues』です。これに集中します。ちょっとレッスンと言うより、道場に近いかも? 僕自身も方向が明確になってきました。やりがいを感じています。 レッスンの内容が、なかなか進まなかった人も、個人レッスンで、このメニューを取り入れてやると . . . 本文を読む

ギターの音作りの決め手は

2017-01-25 09:08:49 | Weblog
ギターの音作りの決め手は、最終的に左手だと思っています。たくさんのギタリストに、何度もそう言われてきたのですが、最近、特に実感しています。具体的な練習法は、また、レッスンで。音も綺麗に。そして、指が早く動くようになります。  . . . 本文を読む

パコデルシア。カニサレスと

2017-01-22 04:23:13 | Weblog
先日、NHK交響楽団と『アランフェス協奏曲』の公演を終えた、クラシックギタリスト、カニサレスと会いました。彼は、パコデルシアのバンドのメンバーを長く務めました。だから、もちろん、パコデルシアの伝記映画の感想について、僕は話した。「あの映画で、パコデルシアがなぜ、そうなったのか?そういう必然がわかった」とそう話した時、「そう。パコデルシアのことを天才、天才とみんな言うが、そうではない。彼は、ただただ . . . 本文を読む

C Jam Blues を 夜学でやります

2017-01-18 08:13:43 | Weblog
C Jam Blues を 夜学でやります。ジャズブルースの世界は、1)ブルースって、マイナーペンタを弾いてたら良いよね。2)メジャーペンタと、マイナーペンタ使い分けると、良いよね。それ以上の様々なやりかたがあります。 それは、通常のブルースの『ブルース=メロディー』の扱い方とジャズの様々なメロディーの扱い方が、混じり合って、実際は、大変複雑なものになるからです。 だから、様々なことを . . . 本文を読む

早く弾くことと左手は、密接に関係が有る

2017-01-17 16:17:13 | Weblog
早く弾くことと左手は、密接に関係が有る、と思います。フレットボードの押さえ方、また押さえる場所で、音色や音の抜けが変わってくるんです。これは同じようにピッキングしていても、又、ピッキングがちゃんと出来ていても、左手のフレットの押さえ方で、音の粒立ちにずいぶんムラが出てくると思います。 詳しくは、レッスンで。今まで出来ていなかった人は、いっぺんで効果が出ます。  . . . 本文を読む

明日、1月17日夜学は、C jam Bluesをやります

2017-01-16 03:42:51 | Weblog
さて、明日、火曜日。 1月17日は、河原町スタジオラグで『京都RAG音楽義塾』の夜学です。「セッションに参加する!」を応援していきたいと思います。腕に覚えのない人でも大丈夫。 今回の曲は『C Jam Blues』です。  初級19:00から中級20:00から  予習なくても、楽しめるものにしたいと思います。初回、一般のお試し参加は、¥1000なお、岡本教室の生徒は、京都 . . . 本文を読む

ウインターセミナーを終えて/曲のテンション感の山脈を捉える

2016-12-31 07:58:53 | Weblog
ウインターセミナーに参加された皆様。お疲れ様でした。今回は、You've Got A Friend が課題曲。ギタリストとして、どうアプローチするか?大変、課題の多い曲でした。******今回、ギタリストとして、ただコードをかき鳴らすだけでなく、フィルインやコードのアプローチ、様々、どう準備をするか、お互い考え、構築し、中身の濃い1日になったと思います。たくさん準備し、実際は、周りを聞いて、なるべ . . . 本文を読む

スケール練習のコツ

2016-12-26 10:32:31 | Weblog
発表会、そして、このところの投稿もあってか『基礎から丁寧に」 の機運が高まっているのを感じて、嬉しく思っています。さてスケール練習をするとき、メトロノームを使うのは、基本ですが、 テンポの設定は、1)間違えずに通して弾けるテンポで、何回も 演奏する体が温まったら、2)演奏できるかどうか、ギリギリのテンポを設定して、長いフレーズは分断して演奏して、少しづつ繋げていく。3)元のテンポで演奏して、余裕 . . . 本文を読む

Acid Black Cherry のYUKIの語るプロとアマチュアの違い

2016-12-23 02:17:26 | Weblog
Acid Black Cherry のYUKI氏。京都Live spot RAGでのライブの次の日、彼と話す時間が持てた。昔話に花が咲くところから、対談はスタート。詳細は、京都RAG音楽義塾のホームページで、お伝えすることになると思います。さて、対談の最後に「YUKI氏の考えるプロとは?」と質問を投げかけてみた。「難しい質問ですね」と微笑んだ後、「プロって、期日があるじゃないですか。アマチュアって . . . 本文を読む

スティーブ=ヴァイの言葉『どうやって成功するか』

2016-12-20 07:58:36 | Weblog
https://www.youtube.com/watch?v=Fle4QNtSiRsスティーヴ=ヴァイの素晴らしいセミナーの言葉を発見しました。口語なので、意訳も含みますが、自分なりに訳してみました。***********若いミュージシャンの多くが持つ、よくある熱心な3つの質問があります。どうやって、これを仕事にするのか?どうやって録音して、発表するのか?どうやってそれを人々に聞かせて、成功すれ . . . 本文を読む

基礎練習は楽しい

2016-12-18 05:02:08 | Weblog
基礎練習は、それ自体楽しいものだと思います。今日は、こう言う基礎練習をやりました。僕は、同じ練習課題でも練習の仕方を知らないゆえ、なかなか上達しない、という人を時々経験します。1時間ぐらい僕と一緒に練習してみて、やり方を掴めば、すぐ解決場合が多いんですけど。その場で経験したことを、同じ感じで家でもやり続けてもらえれば、あっという間に弾けるようになります。こういう練習は、一つのモチーフを段々展開して . . . 本文を読む