岡本大助の太陽料理館

太陽社長を自称する岡本大助が、世界中の料理を紹介していきます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

西アフリカの主食、「フフ」とは?

2017-05-03 21:20:50 | グルメ
こんにちは!
太陽社長を目指す岡本大助です。

今回ご紹介するのは、西アフリカやアフリカ中部で主食として食べられている「フフ」です!



白くて、一見するとお餅にも見える「フフ」。
フフはキャッサバやタロイモ、ヤムイモなどの芋類を臼で粉砕し、熱湯で混ぜてつくります。
練っていく過程で好みの硬さになったら完成です。
地域によっては先に芋を茹でてから叩き潰す場合もあるそう。


フフをつくる様子です。
日本の餅つきのようですね。

地域によってフフの材料は変わり、アフリカ中部では芋の他に米やセモリナ、インスタントの粉末が使われることもあるのだとか。
西アフリカでもキャッサバやタロイモの他に、プランテンやトウモロコシでつくる地域もあるそうです。
生活に密着した身近な食べ物だからこそ、家庭の味や地域の味があるのでしょうね。

フフはほんのり塩味がする程度で、ほとんど無味だそうです。
なのでスープや煮込み料理などのおかずと一緒に食べるのが一般的。
アフリカの裕福な家庭では、フードプロセッサーを使ってフフをつくる場合もあるそうです。

日本でフフを食べるなら、西アフリカやアフリカ中部の料理を出しているレストランに行くか、もしくはフフの粉を購入する必要があります。
フフの粉は入手がなかなか困難なようですね…。上野のアメ横で売っているなんていう話もありますが、今もあるかどうか…。

書いてて僕も食べてみたくなりましたー!
ぜひ今度アフリカ料理のお店に行ってみようと思います!




それでは今回はこの辺りで。
太陽社長を目指す岡本大助でした!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウクライナの餃子?ヴァレーニキ | トップ | さっぱりピリ辛!南米の家庭... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事