岡本大助の太陽料理館

太陽社長を自称する岡本大助が、世界中の料理を紹介していきます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

名前からして心惹かれるスウェーデンの家庭料理「ヤンソンの誘惑」

2017-06-14 18:27:41 | 日記
こんにちは!
太陽社長を目指す岡本大助です。

今回紹介するのは、北ヨーロッパ・スカンジナビア半島の王国、スウェーデンの伝統的な家庭料理「ヤンソンの誘惑」です。



ヤンソンの誘惑……なんて心くすぐるネーミングの料理でしょうかw
簡単に説明すると、ジャガイモとアンチョビのクリームグラタンです。

ヤンソンといっても「ムーミン」の作者のトーベ・ヤンソン氏とは別人ですし無関係ですよ!

ネーミングの由来は、19世紀の宗教家エリク・ヤンソンから。
えらく信仰にのめりこんじゃうタイプの人だったらしく、厳格なベジタリアンだったそうです。
ヤンソン氏は信者を引き連れてアメリカに移り、そこでコロニーを形成して菜食主義を実践していたそうな。
ところがある日、このジャガイモとアンチョビのグラタンがあまりにもおいしそうで、つい食べてしまったからさあ大変。
その場を弟子に見られ、指導者として幻滅され、弟子たちに見限られてしまったそうです。
そこから「ヤンソンの誘惑」という料理名が付いたとか。

そういう意味ではヤンソン「の」誘惑というより、ヤンソン「を」誘惑した料理、ということになりますね。

厳格だったはずのビーガンを虜にしてしまったこの料理、逸話とは裏腹に作り方は結構簡単。
材料もジャガイモ、アンチョビ、タマネギ、生クリーム、あとはせいぜい粉チーズくらい。
細切りにしたジャガイモとちぎったアンチョビ、炒めたタマネギを交互に重ねて生クリームと粉チーズをかけてオーブンで焼くだけです。

ジャガイモのホクホク感とアンチョビの塩気が相まって、シンプルだけどすごくおいしいグラタンができあがります。
寒い国の料理だけあってカロリーはかなり高めですが、美味いものはだいたい高カロリー。
素直に誘惑されて、熱々の美味を頬張ってしまいなさい!

それでは今回はこの辺りで。
太陽社長こと岡本大助でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギリシャのおふくろの味「ム... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。