市民意識の「いま」と「これから」

7月13日(木) 市民意識の「いま」と「これから」

 今日は午後から、解放・人権大学助言者研修会が開催され出席しました。

 研修1コマ目は「部落差別解消推進法を受けて市民意識の『いま』と『これから』を考える」がテーマです。

 大阪市大大学院創造都市研究科・阿久澤麻理子准教授からの問題提起を受けて討議。

 近畿圏12大学の学生約2,800人を対象とした「若者の共生意識調査(2014年)」を下に差別認識についてのリアリティ喪失とその一方でネット上で拡散されていく差別認識を容易に許容してしまう脆弱性が明らかにされました。

 2コマ目は、じんけん楽習塾大谷眞砂子さんを講師に「助言者の役割について」ワークショップを開催しました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 暑気払いの会 有功者会&堀... »